Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILROAD SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
ありがとうございます。tettaさん。
VRM4GIS計画(仮)にまつわる地形関連の記事は私の備忘録としてスタートしているので、わかりづらくてすみません。ちょっと遊びすぎてしまい、これから仕事に追われるため、「第3期CV用プログラムの仕様」及び「VRM4GIS計画(仮)の全貌」は後日記載したいと思っております。折角ご提言いただいたのに、お待ちいただくような形になり申し訳ありません。尚、「第3期CV用プログラム」はバイナリーデータのアドレス変換だけの話なのでグラフィック制御はありませんので簡単であろうと思います。先日私はVBの入門書を買ってきましたが、そこに書いてあるサンプルコードを利用するだけでもいけるかも?と思っていたところです(まぁそんなに甘くはないのでしょうが(笑))。
投稿者:tetta
こんばんは。tettaです。
Zioさんが何を目論んでいるのか凡人にはちょっと分かりませんが、仕様をお伝え頂ければ少しは役に立てるかもしれません。
グラフィック周りは本業外なんで1時間が1週間かかってしまうかもしれませんが(笑)
投稿者:zio
未来ある若者には、全然使い切れていなくても可能性の大きいものに投資するのが良いでしょう。
先の短いオジサン達には、可能性の大きさよりも即効性の方が大切なのよ。
投稿者:KSMaster
僕なんか、スクロールマネージャーひとつのために、VS2005買いました。学生なので5000円だったけどw。いまだまったくわからないこの状況。。w
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ