5月17日、瑞巌寺

2017/5/21 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
16時過ぎ、オプショナルツアーの松島遊覧船はパスして、国宝 瑞巌寺へと。

参道は修復工事中でした。

平成23年(2011年)3月11日の東日本大震災の津波に見舞われしまい、その後の塩害によって立ち枯れが目立ったことから、約300本が伐採されたそうな。

瑞巌寺は海抜ゼロmだそうで、この時の津波では、たくさんある島のお陰で、被害は参道までで本堂には及ばなかったそうです。

そして地震にも耐えた一流の宮大工が手がけた素晴らしい建築技法は、のちに日光東照宮でも使われたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
中門をくぐると有名な臥龍梅があります。

政宗公が文禄2年(1593)朝鮮出兵の折、鉢植にして持ち帰り、慶長14年(1609)、当寺落慶の際、五葉松と共に本堂正面に手植えされた梅。本堂に向かって、右が紅梅、左が白梅である。
地面を這うような姿と八重咲で7,8個かたまって実をつける事から、「臥龍八房」の異称がある。
花期は4月中旬。  瑞巌寺HPより

クリックすると元のサイズで表示します
臥龍梅 紅梅の幹は太くて見ごたえがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
小さい梅の実が生っていましたよ。

臥龍梅 白梅は枝が自由に伸びてる感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本堂です。
クリックすると元のサイズで表示します
中は撮影禁止。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
本堂の裏庭は撮影OKでした。
クリックすると元のサイズで表示します

庫裡の方へと。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

法身窟。
クリックすると元のサイズで表示します
格子戸の嵌まった岩窟は鎌倉時代半ば、宋より帰朝し、この岩窟に遁世していた法身禅師と執権北条時頼が出会ったところと伝えられている。               
             瑞巌寺HPより


集合時間を気にしながら、瑞巌寺の西隣にある円通院へと。

以前来たことがある友人に、とにかく庭が美しいからと誘われました。
クリックすると元のサイズで表示します
伊達政宗の孫である伊達光宗の廟所として三慧殿(さんけいでん)が建立され開山されました。

              円通院HPより

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
時間が来たので、急いで集合場所へと

やはりツアーは時間を守らなくちゃ、ですね。



2017/5/23  17:28

投稿者:讃岐おばさん

ima様
新緑が本当に眩しかったです。
もっと歴史や地理を勉強しておけば良かったと思います。
年代も分からなくて、聞いてもすぐには理解できません(>_<)
都市の名前を聞いても県が分からない、まぁ、分からなくてもあとで調べたら良いんですけどね(笑)

2017/5/23  15:25

投稿者:ima

新緑が目に眩しいですね。
私も歴史は苦手ですがゆっくりと散策するとその時代にすっぽり入りこんでしまいそうな錯覚を覚えますね。

2017/5/22  22:34

投稿者:讃岐おばさん

デ某様
はい、第一はやはり地元ですので、台湾は第二の母国でしょうか(笑)
新緑の東北、駆け足でしたが楽しかったです。
旅の秘訣、思い立ったが吉日で、とにかく行くことですね(*^-^*)
あれこれ思っていたらどこへも行けません(笑)

写真、おほめいただいてありがとうございます。
今年ペンタックスのk-7からk-70に買い換えました。
K-7は初めてのデジイチで、使いこなすまでにずいぶん時間がかかりました。
昨年行ったスペインのサグラダファミリアでは、塔の階段で足を踏み外し6〜7段滑り落ちまして、でも、カメラは大丈夫でした。
今年に入ってSDカードの挿入口に不具合があり、修理に出しましたがもう部品が無い、という事でした。
デジイチは日進月歩ですね、軽くなって凄く使いやすくなっていました。

画像、大きくできるのですが、お気に入りだけ大きく載せるようにしています(笑)
大きい画像で見てくださいと、お知らせするようにしています。
枚数を増やすように頑張りますね。

辰子姫像、4トラベルでのアップでは由来などをコメント欄に入れようかと思っていました。
私も知らなかったです。
永遠の美貌というより若かりし頃でも美貌にはとんと縁がありませんでしたので、それほどに美貌に拘る生き方もまた素敵だなと思いましたよ。

2017/5/22  21:53

投稿者:讃岐おばさん

なにわいばら様
なにしろ東北は初めてで、とっても新鮮でした。
瑞岩寺、本当に良かったです。
歴史や地理に弱い私ですが、少しわかってきたような(笑)
櫻も良いですが、新緑も本当に綺麗でした。

玉藻公園、お城の石垣が完成しましたか?!
今回の定演はレクザムホールの改修工事があって、三木町文化交流センターになりました。
レクザムホールだと玉藻公園のすぐ隣なので、練習の合間に鯛の餌やリをしようかと思っていたのがダメに。
でも機会があれば玉藻公園へ行ってみたいです。

2017/5/22  15:02

投稿者:デ某

第二の(第一の?)母国「台湾」を旅されたと思っていたら
一転「東北の旅」・・・実に素晴らしい(妬ましい?)です。

全体に 写真が美しくクリアーで 魅かれます。
枠!が小さいのが残念で、
一つ一つもっと大きくUPされると なお素晴らしいと思います。

なお、辰子姫像・・・私は存じませんでした。
欧州の何処かの国から贈られた像かと・・・。
永遠の美貌!の由・・・讃岐さんご自身と重ねられました?(笑)


http://blog.goo.ne.jp/00003193

2017/5/22  12:00

投稿者:なにわいばら

国宝瑞巌寺のお庭も本堂も品があって素敵な所ですね。苔むした落ち着いた庭に歴史を感じます。
新緑の中藤の花やおおでまりが美しく咲いて最高にいい時に行けましたね。
先日玉藻公園にぶらりと入り鯛の餌やり場でしばし
鯛に癒されてきました。
ちょうど同じ場所から観光客を乗せた遊覧船が出る
ところでした。
お城の石垣も完成し橋を渡り階段を登っていくと展望台が設置されてお堀を一望できる素敵なデートスポット?が完成されていまた。

2017/5/22  10:36

投稿者:讃岐おばさん

来夢来人様
こんにちは〜
そうですね、東北はまだ春でした。
よく手入れされたお庭、ゆっくりしたかったです。

2017/5/22  9:30

投稿者:来夢来人

おはようございます。


今だ春の象徴する藤の花が咲いてますな、
お庭が素敵ですね!

2017/5/22  8:24

投稿者:讃岐おばさん

あーき様
瑞岩寺の本堂の襖絵、見事でした。
撮影禁止なのが残念でしたが、仕方ないですね。
遊覧船に乗りましたか、海の色を見て遠慮しました(*_*;
瀬戸内海とは島の数が違って多いとは聞いていましたが、五大堂からゆっくりと眺めました。

2017/5/22  8:20

投稿者:讃岐おばさん

母ぶぅ様
お客さんを呼ぶ工夫、そうですよね、やはり参拝者頼りでしょうから。
でも素晴らしい国宝を拝観できるのも有り難いですよね。
ほんとに新緑が綺麗で癒されました。

ここから翌日に行く日光へ宮大工さんが繋がっていたと聞いて嬉しくなりました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ