実は、

2019/5/19 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
我が家の総監督が昨日、10時50分に亡くなりました。

今年の2月1日で95歳になったところでした。

2年前くらいから年内に危ないと言われ続け、今年に入ってからは、あまり外へも出歩かないようになっていました。

GWの台湾行きも、どうなることかと心配していましたが無事でホッとしました。

最期は苦しまずに眠るように、でした。
クリックすると元のサイズで表示します
で、お昼は斎場でサンドイッチとコーヒー。
クリックすると元のサイズで表示します
蜜豆、缶詰だった

斎場から会館に戻って。
クリックすると元のサイズで表示します
初七日の法要の後、会食。


家族葬で、子と孫だけで見送りましたよ。

静かでとても良かったです。

いろんな思いがありますが、今はただお疲れさまでした、ゆっくりお休みくださいの言葉を。

昨晩は1人だけ式場で泊まって、一番泣いていたのは夫でした。


追記、昨年の10月、稲刈りを見守る義母です。



2019/5/21  17:12

投稿者:讃岐おばさん

くみちょう様
ようこそ、四国へ!
道後温泉でゆっくりしていってね(^_-)-☆

ありがとうございます、最期は嫁孝行な義母でした。

2019/5/21  15:19

投稿者:くみちょう

義母様の御冥福をお祈りいたします。
今道後温泉に向かってます。

2019/5/21  7:55

投稿者:讃岐おばさん

HAKU様
どうもありがとうございます。
灌頂市、嫁いで来た頃に初めて行って楽しかったのを覚えています。
子供たちも毎年楽しみにしていました。
春日川が規模が大きいそうですね。
我が家はいつも川島でした。
そこで買った枝垂れモミジも元気で嬉しいです。

会館では本当にお世話になりました。

2019/5/20  23:24

投稿者:HAKU

ご冥福をお祈りします。
身内が亡くなるのは寂しいですね。
子供が灌頂市の事を学校で調べないといけなくて、ネットで検索したら
、讃岐おばさんのページが、またまたヒットしました。(^^)
私も市内に住んでるので讃岐おばさんと知らずに、すれ違ってるかもし
れません。こちらの会館、昨年、叔父がお葬式しました。

2019/5/20  21:41

投稿者:讃岐おばさん

ima様
どうもありがとうございます。
ほんとに苦しまない最期で良かったです。
義母の子供たちだけで静かな良いお別れでした。
なにより気を遣わないので疲れが違います。
今日からいつも通りです。

2019/5/20  21:14

投稿者:ima

お義母さまのご冥福、心よりお祈り申し上げます。
苦しまずに旅立たれたというのは何よりですね。
讃岐さんもお疲れが出ませんようにご自愛ください。



http://anello63.exblog.jp/

2019/5/20  17:24

投稿者:讃岐おばさん

のんの様
ご丁寧に、ありがとうございます。
いつも私の愚痴を聴いてもらってありがとうございました。
ほんとに最期は嫁孝行な義母でした(笑)

土日で全て終わって、娘は職場に報告もせず、出勤しました。
その点、息子は忌引きを貰って今日は休んでいます。
まぁ、父親に付き添って良く面倒をみてくれましたからね。
一番ショックが大きいのは夫でしょうね。
何かにつけて思い出すでしょうね。

2019/5/20  16:35

投稿者:のんの

お義母様のご冥福を お祈りいたします。
お話は聞いていましたがゆっくりお別れが出来て
良かったですね。台湾も京都旅行も無事行けて、待っていたように
お亡くなりになり本当に最後は嫁孝行なお義母さまでしたね。
私の父も二年前に亡くなり写真を見ては、思い出を回想しています。
ご主人様も皆様も今までいた方がいなくなるのは、覚悟していたとはいえ、寂しくなることでしょう。お疲れが出ませんように。


2019/5/20  14:30

投稿者:讃岐おばさん

母ぶぅ様
ありがとうございます。
お陰様で、安らかな旅立ちでした。
車に酔うからと旅行らしきものはせず、どこへ行くのも自転車の義母でした。

我が家の子供たちが中学1年2年生の時に、義妹が中学1年の姪を連れて帰って、それから同居が始まりました。
中学生3人、義父、義母、夫、私、義妹、の8人家族の生活はほんと、大変でした。
3年後に、母屋の裏に我が家を建てて別居したのが昭和から平成に代わった時でした。
それからもう30年にもなります。
終わり良ければ総て良し、ですね。

ブログを始めた2005年3月は平成17年です。
あっという間に令和元年、2019年になりました。

2019/5/20  11:07

投稿者:母ぶう

ご冥福をお祈りいたします。
眠るように、安らかな最期、義母を思い出します。
総監督は何時でも何処でも見守ってくださってますよ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ