断捨離

2021/1/9 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
7:30、明るい日の出でしたが風が強くて、直ぐに黒い雪雲が現れました。
クリックすると元のサイズで表示します
昼間は雪が吹雪みたいに降りましたが、積もるまでにはなりません。

それにしても毎日寒い日が続いています。

さて、断捨離です。
クリックすると元のサイズで表示します
夫の厄祝いの時に着るために作った加賀友禅の訪問着です。
クリックすると元のサイズで表示します
地区の人達を招いてお祝いをしていました。

そうそう、夫の着物、羽織、袴も作りました。

着るのを楽しみにしていましたが、私達の時から厄祝いは中止に
クリックすると元のサイズで表示します
とてもお気に入りの加賀友禅、このまま着ないで終わりそうな気がします。



2021/1/11  10:07

投稿者:讃岐おばさん

なにわいばら様
そうですよね、我が家のサクラソウも蕾をつけたままぐったりしてい
ます(>_<)
他のライチやジャボチカバも気になりますが、今更温室も作れないの
で、せめてクリーニングのナイロン袋を被せています(*_*;

>両親もかなり無理して仕立て箪笥にいっぱい持たせてくれた
着物、本当にそうですね。
私なんか、4人姉妹でしたから、嫁がせた後も、それぞれに産着やこ
いのぼり、お雛様、お正月には破魔矢、羽子板飾りなども。
親の恩、両親が亡くなって本当に良く分かります。
私は真似ができません(>_<)

紬や絣の着物は北海道の「くみちょう」さんに、二部式に仕立て直し
をしてもらって、2回くらい着たかな?
そうですね、断捨離する前にちゃんと袖を通して、ですね。

2021/1/10  22:40

投稿者:なにわいばら

この寒波で鉢植えのビオラやシクラメンがグッタリしてしまいまし
た。
0℃以下になると栽培草花にはダメージが大きいですね。

着物落ち着いた色の訪問着でまだまだ出番がありそうですね。。
私たちが嫁いだ頃は着物に一番お金をかけた時代ですね。
両親もかなり無理して仕立て箪笥にいっぱい持たせてくれたものの
半分以上は袖を通していなくてすごく申し訳けなく思っています。
親の気持ちを思うとなかなか断捨離にふみきれませんね。
私の友達は家で着物を着て過ごすことが多いとか。
気持ちに余裕ができたら少し着てみようかなと思っています。


2021/1/10  9:59

投稿者:讃岐おばさん

サヌ・ヒロ様
本当に勿体ないですよね。
娘とは体格が違うので、着てもらえないし。
お茶のお稽古で初釜の時に、師匠に着せてもらって何度か着たことは
あります。
でも、これからは、気軽に季節ごとくらいに楽しもうという事になっ
ています。

着物の喪服も夏用と冬用、私と娘のがありますが、同じく黒のスーツ
ですませています。
着物類、やはり断捨離しかないでしょうね。

2021/1/9  22:08

投稿者:サヌ・ヒロ

あら〜っ! せっかくの高価なお宝なのに、勿体ない。

尤も、私も和服一式を揃えて、お正月に何度か着ただけで、それ
以来着ていません。 高松へ引っ越しの時に見つけましたが、結
局そのままタンスの中で眠っています。 

縁起でもありませんが、ここ数年は真黒のスーツの方が何度も活
躍しています。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ