四国巡礼 七日目

2007/6/30 | 投稿者: 讃岐おばさん

第四十八番札所西林寺8時40分到着です。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
仁王門、本堂、大師堂。
のどかなお寺で、四季折々の花が美しい。

3キロ先の第四十九番札所浄土寺へは9時8分到着。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
仁王門、本堂、大師堂。
空也上人が昔3年間滞在したとして、ゆかりの名跡が数多く残っているそう。
本堂、大師堂の屋根に飾りがなくすっきりとしている。

3.3キロ先の第五十番札所繁多寺、9時30分到着です、近くて助かります〜。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
山門、本堂、大師堂。

そして次のお寺も近い、2.7キロ先です。
タグ:



2007/7/2  5:32

投稿者:讃岐おばさん

かみーのす様
さすが詳しいですね!
>米山と言う有名な書家の「鳥飛び・魚躍る」
どこかで見た記憶がありますが、石柱を見たかったな。
この辺りのお寺はとにかく急いで廻ったので残念(^_^;)

http://red.ap.teacup.com/sanusokobiekiobasan2/

2007/7/1  23:32

投稿者:かみーのす

おばさま、こんばんは。

エピソード。
西林寺、ほんとに質素なお寺で。
一時は毎日横を通ってました。
浄土寺、近すぎて余り行かない・・・。
屋根に飾りが無い・・・そう言えばそうだった様な・・・。
繁多寺、何故か浄土寺より良く行く。・・周りの環境のせいでしょうか?確か、薬師如来も祭ってあった様な。
浄土寺のすぐ横の久米交差点から見える、日尾八幡には先代の住職だったか、米山と言う有名な書家の「鳥飛び・魚躍る」と言う石柱がすぐ見えます。

つづく。    by caminos


コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ