2006/10/28

がんと心と毎日と  そのご  がんになっちゃった




◇よく聞く話。

若い時、50歳なんていったらもう、すっげえ大人で、おじいで、もう、どうもこうも、ないだろうって思ってたけど、実際、その歳になっちゃうとなんてことわなく、そこには『基本的』に若い時とあんまり変わらぬ自分がいるんだ、って話。

おいらも、まったく、そう思う。
で、その、『基本的』って部分が、多分、こころだと思ったりする。


********


思うに、歳を経て、ずうずうしくなったり、謙虚になったり、多少ややこしくなるのは、個人差なんかもあったりするんだろうけど、あれやこれ、無意識にせよ意識的にせよ、長く生きた分の知識や経験なんかに基いた技だったりするわけで、結局、こころは、そんな技を作り出すってとこも含めて、その辺りの核として、おそらくわ100年や200年ばかし生き永らえたとしても、なんら変わることはなさそうでわないか?

いろいろ衣をつけてみたけれど、所詮、コアな部分は昔のまんま。
たいしたもんじゃないのかも知れぬ。
なるほど、衣を突き抜けてのこころへダイレクトに届くようないちだいイベントが起きてしまえば、そりゃあもう、こころはゆさゆさゆさゆさ、ゆさぶられっぱなしなのも、納得かもなあ。

とにもかくにも、がんになったおいらは、はだかのこころの揺さぶりってやつを経験した。ような気がする。


********


おいらの場合、がんの告知から手術まで、たった7日間。
7日間とはいえ、感情拒絶な、ある意味、安定の時を経て、しかし、揺れるこころは不安の渦にどっぷり飲み込まれたり、そしてまた、みょうにはじけたハイな世界を漂ったり、あっちの虚空、こっちの世界と、揺れを繰り返した。
それでも、渦に飲み込まれた後、そのまま溺れっぱなしでなかったのは、7日後の手術という確定的治療法が決まっていたためだろう。


クリックすると元のサイズで表示します


手術前のインフォームド・コンセント(お医者が病状や治療方針を分かりやすく説明し、患者の同意を得ること)では胸を開けてみないとわからない最悪の確率とか、辛い部分も説明されてしまうわけだが、それよりもなによりも、お医者先生やみんなと一緒になってがんに立ち向かっているんだっていう意識が高まっていく。
いともよわっちいこころが溺れから這い出てくる。
これが、実にいい。
高ぶる気持ちというか、なんていうか、この感触が、妙にはじけてハイになれるのだ。

じつわ、このパート→『お医者先生やみんなと一緒になってがんに立ち向かっているんだっていう意識が高まっていく』ってのが、この先、とても重要なこころのポイントになるわけなのだけれど。

いずれにせよ、エッセイスト、岸本葉子さんの言葉をお借りすれば、がんという病気の一番の特徴は「不確実性」だ。
「手術で治ったといえるのかどうか。処方されている薬で治るのかどうか。どのこと一つ取っても不確実性がつきまといます。」
心理的な面で、これほどまで簡潔にがんを語る言葉はないとおいらは思う。
そして、その不確実性の中で唯一、まさしく自己主体、不確実性を感じさせないイベントこそが、原発のがんをとる手術だったとおいらはあらためて思う。
もちろん、手術そのものを否定的に捉える患者さんもみえるわけで、皆がそうだというわけではない。
あくまで、おいらは、個人的にそうだった、という事だ。
だって、いくら、術後の再発、転移の可能性があるからといって、原発の手術は一旦、体の中の病巣を取り除く物理的な作業であって、それは自己主体でがんに対しはっきり攻撃に転じる数少ないイベントなのだもの。
掃除だって、どうせ汚れるから掃除はしない、という論理はない。
食事だって、どうせおなかすくから食べない、という論理はない。
掃除をして、綺麗な部屋で、おいしいものをおいしく食べて、それは、もう、絶対、希望ってもんだ。

自らの環境のステージが辛く哀しいものだとしても、いや、むしろそれは普通であって、ちっとも悲惨な事ではなく、それを否定せずきちんと意識して、そうすれば、こころは、希望を捉えるチャンスに大いに恵まれる。
がんという病気を持ってして、こころはこうありたいと思った。
そして、多くの、元気に闘うがん患者さんたちもおそらくはそうなんじゃないかと、おいらは勝手にそう思うのだった。



(がんと心と毎日と  さいごへ)










※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ