2006/11/1

がんと心と毎日と  さいご  がんになっちゃった



◇「検証・免疫信仰は危ない!」というくだらない本がある。副題は「がんビジネスの実態に迫る」だ。
実にくだらない本なので、そおいうくだらない本マニアにはおすすめだ。
第三章の「活性化リンパ球療法はがん患者に福音をもたらすか!?」に至ってわ、もう、くだらない大賞を差し上げたいほどだ。
だいたい、活性化リンパ球療法が通常医療として認められていないからという理由で、アガリクスやサメの軟骨の世界とひとくくりにひっくるめるんじゃねえよ。
自由診療ったって、ちゃんとした医師が行う医学的根拠のある治療である事には間違いないのだ。このやろお。
ひっくるめての「がんビジネスの実態に迫る」とわ何事だ。
ったく、こいつら、代替医療や自由診療に望むがん患者の本質の部分が、なあんもわかっていない。

この取材チームは例えば、「自由診療の医師が本当の意味でがん患者に真摯さを証明するには、まず、その治療の有効性についてデータを提出することだ」と、このように、ことあるごと、「がん患者が本当に望むものはやれ、データだ、やれ、権威のお墨付きだ」みたく勝手に決め付けている。

それが望むすべてであるわけがない。

さらには、自由診療のお医者の患者への接し方に安心感があるとし、さらに、がんに苦しむ患者に対する真摯な思いも随所で伝わり、とし、ただし、その事がイコール活性化リンパ球療法の優秀性を示す事にはならない。と結ぶ取材チーム。
あたりまえだ。イコール、示す事になるわけがない。
そんなこたあ、子供でもわかるわい。

がしかし、「その治療の有効性についてデータを提出することが、まず、自由診療の医師が本当の意味でがん患者に真摯さを証明すること」でわ、ない。
まさか、治療の有効性についてのデータをきっちり提出できていないことで、媚を売って、優しく接し、がんに苦しむ患者に対し真摯な思いを傾けているとでも思っているんじゃあるまいな、こいつらわ。

もちろん、有効性のデータがいらないという事ではないけれど。
でも、「まず」そこに、そこから、と、全ての焦点を持っていってしまうのであれば、現在の西洋医学が抱える「ダークサイド・オブ・がん治療」の轍を踏むだけである。

つい「自由診療以外の多くのお医者が、果たして、効くかどうかいまいちよく解らない有効性についての素晴らしいデータを得意満面に提出してくれるとし、ただし、その事がイコールがんに苦しむ患者への真摯な思いを示す事にはならない。」って言ってみたくなる。


クリックすると元のサイズで表示します

とにもかくにも、がん患者のおいらが常に、本当に、望むものは「希望」だ。
不確実な生に日々打ち勝つための、人の尊厳としての希望なのだ。
もちろん、病気が治るにこしたことはない。それが一番の希望だ。
でも、日々、がんに主体をコントロールされまいと、自分がこの病気の何たるかをコントロールするんだぞ、と、玄米を食べる、それもまた、立派な希望なのだ。

「玄米でがんが治ったエビデンスなんかないから無駄だ。」
「玄米を薦める医療者はまず、玄米の有効性のデータを。」と、件の取材チームはヒステリックに叫ぶに違いない。
代替医療や自由診療に望む、がん患者の本質の部分が、なあんもわかっていない。

通常医療として認められた抗がん剤のデータを持ってして、がん患者が本当に望む希望だ、とするのであれば、それこそは、あまりに人の尊厳を無視した稚拙極まりない判断だと、言わざるを得ないのである。

この本のくだらなさは”希望がない”まさしく、そこにある。


******



一大イベントの手術が終わり、果たして、こころはそこから、まじまじとがんと対峙することになる。
がんという病気はここからが本当の始まりなのだ。
そして、振幅する距離感を感じながら、こころは、何度でも、練り混ぜられるがごとく、その姿を不変とはしない。

最近はそおいうものだな、と、思うようになった。
怖いことは怖いけど、かといって、怖くて怖くて一日中震え上がるものでもないし。
腹のそこから笑えることだって、一日に一回や二回ばかりでわないし。
ご飯だって毎食おいしいし、めだかの冬越しが気になって仕方がない。

再度、尊敬してやまぬエッセイスト、岸本葉子さんの言葉とおいらの想いを重ねるならば、『五年後の未来が、私にあるかはわからない。その保障を、医師や代替医療や心のケアに求めない。先がまだ続くことを祈りつつ、生命の導くままに進むのだ。』

そうなのだ。生命の導くままに進むのだ。
そして、どこかで、こころの希望をこぼしてしまわないよう。



    (おしまい)




2006/11/6  6:47

投稿者:柊

こんにちは、saraさん。
 アドバイスしておきながら、ちょっと気になって来てみました。「インプラント」ですか・・、あれは結構大変だと思います。もう何本もインプラントをなさってるのかもしれませんが、お体のこともあり、慎重になさった方がいいです。主治医の先生に(インプラントのことを)確認されてからがいいと思います。抵抗力がないと、歯肉の傷も治りが悪く、余計な薬を体に入れなければなりませんから。虫歯の治療とは、ちょっとスケールが違うので(以前、私は歯科医院のスタッフとして、インプラント術はたくさんやりましたので)。患者さんによって、かなり治癒に時間がかかる方もいました。病気をお持ちになる前とは、また事情が違うのです。ご相談なさってからのほうが、いいと思います。
 嫌でなかったら、(安定するまで)その部分だけ小さな義歯でしのぐことも可能です。一時的に。
 長い間にわたって歯の治療をすると、体調が悪くなることもあります。小さな虫歯は別ですが、神経の治療などがある場合には、お体の調子のいい時を選んでください。勧めておきながら、今頃ごめんなさい。
 数日前のブログにsaraさんのことを少し書かせていただきました。事後報告ですみません。
 お体を大切になさってくださいね。  柊

2006/11/4  0:07

投稿者:sara

◇影分身ますみんさま

たくさんのますみんさまやましゅみんさまに拍手でむかえられ嬉しゅうございます。いやあ、てれるなあ〜
みゃしゅみんさまやみゅしゅみんさまは?(て)
海老名先生のおはなし、また、めえるしますです。
でわ


2006/11/4  0:03

投稿者:sara

◇柊さま

歯はあと一本、インプラントを立てるはずだったんだけど、病気になっちゃって・・
保険のつもりで思い切ってやっちゃおおかなあ〜。やっぱ。
うん。歯は大事だもんね。
アドバイス、有難うございました。

2006/11/3  23:58

投稿者:sara

◇ねこだグレイさま

こめんとをありがとう。
いつも寄って下さって感謝です。

そうです。日々てきと〜に希望です。(なんじゃそれ?)
めだかの冬越しにも希望が見えてきましたぞ!
後日、報告ブログを書きますね。

2006/11/3  23:53

投稿者:sara

◇tamitamiさま

こちらこそおひさひぶしです。
かつぜつのわるさわごひんぼうを。
こめんとをありがとお。
そおですか。お母様も同じお病気ですか。
でも、
10年、再発・転移がなければおおいばりです。
早くその域に達っせるよう、日々、精進努力です。(か?)
tamiさまもどうぞご健康で、立派な赤子をお生みくださいませ。
出来るだけ日向で応援しています。ぷぷ

2006/11/3  18:03

投稿者:ますみん

ごめん、投稿ミスと思って2度ものせちゃった。

2006/11/3  18:01

投稿者:ますみん

ぱちぱちぱちぱちぱちぱひ(←あっ、さいご「ひ」になっちゃった)拍手のつもりだからね。

2006/11/3  17:59

投稿者:ましゅみん

ぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱち

2006/11/2  14:45

投稿者:柊

 とにもかくにも、がん患者のおいらが常に、本当に、望むものは「希望」だ。

本当にそのとおりです。
 がん患者さん一人一人の小さくて複雑な鍵穴に、ある療法がカチッと合うことがあるそうです。それが見つけられるまで、とにかく前に進みましょう。
 それに、がんが体にあっても、生きつづけることも可能です。わが身をいたわりつつ、「よく生きてきたね」と自分に言葉をかけながら、日々を過ごしてけばいいですよね。日々てきと〜でも、もちろんいいですし。
 saraさんの文章、抜群に面白いです。写真もとても好きです。
「長野の水輪での帯津養生塾」へはまだ行ったことがありません。都合をつけて行きたいです。そこで、saraさんと、お会いできるのかな?
 ところでsaraさん、歯は丈夫ですか?歯は、体にとってとっても重要です。しっかり噛めるようにしておけば、唾液がじゅうぶん分泌されて、消化器官を助けてくれます。調子がいい時に暇をみて歯科治療をなさるといいですよ。
 コメントありがとうございました。
 ねこグレイさんのご指摘のように、文章を書くこと、写真を撮ること、自然を愛すること、野菜を育てること何かに対して怒ること、saraさんがなさっている毎日のすべてが、saraさんの生きる糧になっていると思います。見事に生き抜いてください。 柊

2006/11/2  0:11

投稿者:ねこグレイ

このブログへの投稿も、saraさんの希望の一つであるのではないかと思います。
読者である私たちがいる限り、saraさんは発信し続けていくのですね。
希望。
私にとっても、それは生きる糧になるのだと思います。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ