2007/2/3

ああ、旅情の回転扉  




◇旅情である。

帯津良一先生の今年のテーマは旅情だそうな。
旅情はそして、また、人生の旅情をも感じ得る、ってな具合らしい。

そのへんわモームのコスモポリタンズにいろいろヒントがあるという。
おいらも読んだけど、なるほど、なかなか、どんずばり、である。
80年から前のお話にあれど、ひとのこころっちゅうもんわ、しかし、80年やそこらの歳月でその本質たるや、なんが変わろうか?
ああ、旅路においての、あの、なんとも言い知れぬしみじみとした感情が、人生の無常をなぞる。
自己の記憶のずっとずっと奥底にある、生命記憶をして、その命の太古からの旅路を鑑みるかの如くの想い。

ま、そおいうのが、好きか、嫌いか、って、ところからだと思うんだけど、おいらわ、かなり、好きなのである。旅情。

******


◇深夜のラジヲ。
午前零時の時報。そして、ジェット機の飛び立つ音。
「ミスター・ロンリー」のテーマで始まる「ジェットストリーム」には、居乍らにして旅情を感じさせる、独特な雰囲気があった。
パーソナリティーの城達也さんの語り。
 

『遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休めるとき、
遥か雲海の上を音も無く流れ去る気流は、
たゆみない宇宙の営みを告げています。
満天の星をいただく果てしない光の海を
豊かに流れゆく風に心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、
夜のしじまの何と饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていった遥かな地平線も瞼に浮かんでまいります。』

そうなのだ。饒舌なのだ、夜のしじまわ。
当時、夜のしじまと朝のしじみも区別できるやもなく、果たして、それが何たるかも知りもせず、でも、そう思ったものだ。
おいらわラジヲの前で、いったことのない世界中に思いを馳せ、そして、知る由しもない未来の時間を重ね、そこにうかぶ出来事をまるで、過去の体験のように、想い、しばし、旅情に浸った。

時間の不思議。
想いの不思議。
旅情の不思議。


*******


クリックすると元のサイズで表示します


◇名古屋〜東京を新幹線・こだま号を利用すると、かなりお得な料金の個人ツアーがある。
片道¥7,900。
で、楽しいのは飲み物チケットが一枚付いてくる。
そのチケットで車内販売のびいるでもコーヒーでも一杯飲める。
さらに、貸しきり車両の如くなグリーン車利用にしても¥1,000増しでOK。

仕事以外で上京することが増えた最近わ、ひたすらこれを利用している。

ただし、こだま号は片道で3時間弱かかるわけで、時間優先の方にはむかないけれど。
つまりわ、旅情優先のツアーだ。
旅情にはこの3時間弱、というのが実に良いのだ。
のぞみ号の1時間半でわ、どうあがいても旅情どころでわない。
せいぜい、朝のしじみ、といったところだ。(ところか?)

さて、このこだま号、停車駅(各駅停車)でわ5〜6分間停車するのでその気になれば好きな駅の駅弁も余裕で買える。
立ち食いソバだっていけるかもしれぬ。
飯を食い、びいるを飲み、一眠りして本を読む。
かように時間を一切気にせずして、電車に乗っているっていうのがいかに贅沢で雅やかな旅か、おいら、この歳まで垣間見ることすらなかったわけで、自らの時の移り変わりに、嗚呼ありがたや。



クリックすると元のサイズで表示します


******


◇はてさて、なんとも言い知れぬしみじみとした感情がひときわ際立つこの名古屋〜東京・すきまツアー(おいら命名)にも、じつわ、ひとつの落とし穴があった。
3時間弱の旅、びいるも飲む、そこそこおしっこもしたくなる、そおいう落とし穴だ。

新幹線にわ男子、おしっこ用トイレがある。
ドアは飛行機のそれと同じく、端っこを手前に引くと反対の端っこの途中が折れ曲がり、くの字型になる、あれである。
つまり、中側からはドアを体で押せば簡単にそのドアにそって外へ出られる仕組みだ。
ひょいと背中で押せば、勢いで体はくるりと回転するくらい、である。
そして、おしっこは、ドアを背にして、する。
こだま号はしょっちゅう停車するので、駅に入るときはおおきく傾いたりする。
そんなタイミングの中、おいらはおしっこをしていた、そおいう落とし穴だ。
たまたまジャージのパンツをはいていたおいらはおしっこに2本の手を必要としていた、そおいう落とし穴だ。
電車が傾くと、おっとっとっとっと、と、うしろによろけて、そこにはドアがあって、それは見事に回転した。

クリックすると元のサイズで表示します


旅情はどこでどうドリフのコントにかわるやもしれぬ、そんな一説である。(わきゃない)





2007/2/5  23:43

投稿者:アルル

やっぱりね……………

2007/2/5  14:12

投稿者:sara

◇尻見丼さま

そうそう。
おしりわプリッとわ、出んのだ、これが。

そこが逆に、難所でもあるわけで、こう、両手は、片時も気を抜けない状態を保持している。
むしろ、けつを丸出しにした方がどれほど楽な常態かというわけであるが、まさか、通路に小窓のあるこのトイレで、いきなりケツ丸出し、というわけにも、いくまいて。
うちの子供たち(上は27ですが)、いまだ、家のトイレでわ、パンツまで脱いですっぽんぽんで、うんち、してます。ええんかいな?

2007/2/5  14:05

投稿者:sara

◇あるるるさま

この文章から、ものが「しまって」あった、と、どう転んでも読めんですわなあ〜


2007/2/5  12:26

投稿者:丼

トランクスでもさぁ、前にボタンがないヤツがあるんだよね〜。
うら若き頃、洗濯物をたたんでる時にそ〜ゆ〜パンツを買ってきたことに気づいて、
「うぉお〜これではウチのダンナは会社でおしっこするときに、
ズボンもパンツもおろしておしりをプリって出してるんだろうか〜」
と心配したんだけど、
そ〜ゆ〜ことはなかったらしい。

でも未だに謎だ。
自分がついてないだけに。。。

ドリフのコントならいいけど、逮捕されないよ〜にね。ぷぷぷ。

2007/2/3  20:58

投稿者:アルル

……………………!!!

ちゃんと、しまってから回転しましたか???


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ