2007/5/27

続・久々にがんの事、帯津先生の事   がんになっちゃった




◇ち、がんになっちまったぜ!
がんなんかに負けたくないぜ!

てな具合に、ほぼ、だいたい皆、がんになっちゃったら思う(はずだ)。
でも、だけど、そう思う誰しもが皆、こころの強い人ばっかなのかといえば、そうでわあるまい。
さらに、誰しもが、強いこころに変貌できるとは、これまた限るまい。
明るく、前向きで、何にも屈せず、ひたすらにがんに立ち向かえる、こころ強きがん患者ばかりでわ、おそらくわ、ないのである。
でわ、そうでわないひと、そうなれないひとは、やっぱ、病気にまけちゃってるのだろうか?
病気と闘っていないのだろうか?

絶対、そんなことは絶対、あるわけがないのである。
明るく、前向きでなくても、突然、マーカーの値でトーンダウンしてしまっても、つい、玄米菜食の枠からはみ出た食事をしてしまっても、がんになる以前の自分を悔い改めれなくても、西洋医学一辺倒でも、ええい、とどのつまり、毎日泣いて暮らしていたとしても、そおいう状況を、病気に、がんにまけているなどと、誰が、何故、決め付けれるのだろう?

仮に、そおいう状況で、でわ、志半ばで、残念だけど、哀しいけれど、死んでしまったとして、それを、ほうら、がんに敗けましたね、と、誰が、何故、決め付けられようか?


クリックすると元のサイズで表示します
(ろくさんたちと遊んだとこで咲いていたおだまき。↑ かわいいねえ。)


*******

でわ、なにか?フィクションであれ、ノンフィクションであれ、世の中でえっへん!と、まかりとおる、壮絶ながんとの闘病生活の末、お涙頂戴、はかなくも散るシチュエーションをよしとするのか?そこにあるがんイコール死、と、決め付ける、この認識をよしとするのか?と、なれば、いやいや、そこが切り口でわまったく、ない。

がんイコール死、でわないし。
(生きるイコール死、ってのがある意味、正解なんだろうけど、そこわまたあとで)
それはどおいう報道がなされようがどおいう情報でかく乱されようが、一寸考えれば、誰だって判る。
果たして、テレビでそおいうドラマを演るから、ついつい、人は皆、がんイコール死、というイメージを植えつけられるのだという訴えには、ああた、そんな簡単に誰しも植えつけられませんて。
 自分ががんになって、ああ、死刑宣告だ(がんイコール死)ってはじまっても、一寸考えれば、いや、まてよ?がんで必ず死ぬわけでもあるまいぞ(すなわち、最初の「ち、がんになっちまったぜ!がんなんかに負けたくないぜ!」)、だ。
でわ反対に、テレビで全部がんが治ったドラマばかりやったら、皆、誰もが、がんになったとき、ああ、大丈夫、がんなんてすぐ治っちゃうんだ、だって、テレビでやってたもん!って、なるものでもあるまい。
少なくともおいらわ、ならない。

クリックすると元のサイズで表示します
(いやね、あんまし見事だったんで野菜を買いに行った農協でついぞ買っちゃった「並・いわちどり」↑ あえて、並。290円。何が見事ってああた、晴明のとばす式神みたいでしょ?ぷ。いやほんま、すげえ。)


そこんとこは、ちゃんと自分で考えればよいのである。
考えれば、がんはやっぱり、怖い病気であることに間違いなく、でも、必ずしも死んでしまう病気ではない、と、普通に普通のことが認識できるはずである。そして、大方、がんという病気の認識はそれ以上でも、それ以下でもないのである。

そこが切り口でわない、としたのは、そこを切ったとて「仮に、そおいう状況で、でわ、志半ばで、残念だけど、哀しいけれど、死んでしまったとして、それを、ほうら、がんに敗けましたね、と、誰が、何故、決め付けられようか?」の問いかけの意味は出てこないからなのだ。

******


誰が、なぜ、決め付けられようか?

がんの認識は実際のところ、おそらく、大方、それぐらいしかないのに、だ。

こうすれば、がんは治る、ものでわない。
こうすれば、がんは治らないものでも、ない。
こおいう人でなければ、がんを治せるとは限らない。
そうでない人のがんがなおらないものとは限らない。

おそらく、大方、そんなところでわないか?
それ以上でも、それ以下でも、ないのでわないか?

エビデンスが、いや、ポテンシーが、自己免疫力が、樹状細胞の認識が、こころが、想いが、虚空が、あれが、これが・・・と、と、と、いろいろあって、でも、そこわ、おそらく、「大方」の範疇なのであろう。
そして、その大方に、そこに、希望を見出すことの個々の差に区別こそあれど、不確実な生に日々打ち勝つための、人の尊厳としての希望、日々、がんに主体をコントロールされまいと、自分がこの病気の何たるかをコントロールするんだぞ、という希望に、誰が、何故、何のために、優劣をつける必要が在ろうか?

がんと闘うことに、いや、がんになっちまった全ての人に、勝った、負けた、ましてや、生きる思いに優劣など、あろうはずが、ない。
たとえ、がんで死んじまっても、だ。

あまりにこころ強き素晴らしき生還者たちの屈託のない笑顔とその影で、果たして、耐え忍ばれし最大の意思と努力を感じれば感じるほど、おいらはちょっと、柄にもなく、なあばすになったりするのである。



  (またつづいたりして)







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ