2007/6/28

ちょいとロスまで夜行バス  



◇◇名古屋からざっと10時間でロスアンジェルスに着く。
勿論、飛行機での話だが、うっとうしいことのひとつに、食事が2回ほど出る。
おいらの貧乏性でわ、それを無視して寝てることはどうしても出来ないようで、ついつい座席の背を戻し、脇のテーブルを拡げている。
考えてみると、その10時間が夜ってことであれば、2回の食事なんぞ、まったくにして必要ないのである。

そんな10時間っちゃあ、ああた、これが、深夜の高速バス、旅情満載、名古屋〜仙台線である。


クリックすると元のサイズで表示します


いやね、ホントはわざわざここまで旅情を味わう必要も無いんだけどね、ほんま。
ま、はっきり言って座席は硬いわ狭いわ、空調はいまいちだわ、ねれんわ、で、しこたま疲れますですぞ。

でわ、ぬわんで、深夜バス?
いかにも、これが一番、お安い移動手段だからでばす。ぷ。
(大人往復18,340円)



 仙台で治療を始めてしばらくは飛行機で、んで、早割りって料金体系にて出かけていたんだけど、じつわ、知らんかったけど、あれって、季節によって料金が違うのさ。
仙台まで寒い時、片道1万円ちょっとだったのが、4月ぐらいからちょっとづつ高くなっていって7月なんて1万8千円くらいまで上がっちゃった。それでも通常料金よりは安いんだけど、飛行場までの電車賃をあわせればざっと2万円、往復4万円、月2回通うのでひと月8万円はああた、なかなかどうして結構なもんですぞ。
じゃあ、電車は?
いやこれが、まあ、聞いてくだされ、皆の衆。

◇思うに、新幹線、高すぎだし。

まあ、良い。100歩譲ろう、JR。
新幹線、早いんだし、まあ、譲ろう。
んで、問題はその次だ。
ところがだ。じつわその次っていうのは、ないのである、JR。
勿論、正確に言えば無いわけでわないのだが、例えば、名古屋〜仙台。
これを新幹線で行けば4時間チョイで¥18,970である。
確か、往復だと遠いから往復割引があって乗車券分が1割安いはずだけど違うかな?
ま、そんな感じ。この時期の飛行機と大差ない。
で、乗車券分の料金(¥9,870)だけで行こうとすると、13時間半くらいかかる。もちろん、乗り換え回数も尋常でわない。これはもはや通常の移動手段でわないく、マニアの世界である。

料金は倍だけど、時間は3分の1より早い。さらに、快適と非快適度ときたら比べ物にならない。

あらまあ、新幹線わなんてお安くて快適でお早いの、となる。
しかして、ここに重要なレトリックがある。

だいたいがそんな時間がかかって不便なもん、移動手段の価値からいって¥3,000が限度だぞ、とおいらわ言いたい。戦前じゃああるまいし、未開の国じゃああるまいし、距離が長いから準じて距離分のお金いただきます、でわ無いだろう、今の時代のさあびすわ。
そも、在来線としての機能でちゃっかり収支を果たしている路線をだ、乗り継ぎ時間さえ確保されていない乗り継ぎを延々と繰り返し、ドキドキしながら行くのである。んなもん、ある程度から先の料金は打ち止めでええんじゃい。良心的な駅前駐車場みたいに2,000円以上は一日同料金みたいに、だ。
マニアだって大喜びじゃい!今以上にじゃんじゃん出かけるぞ。そして、それは一種のファンさあびすでわあるまいか?けちけちすんなよ、JR。

で、それをべえすに考えれば、新幹線は別に『あらまあ、なんてお安くて快適でお早いの』でもなかろ?

まあ、よい、と、さっき書いた。そうだ、新幹線については100歩譲ろう。
がしかし、だ、遠距離移動のその次をちゃあんと普通にやれよ、JR。
仮に、つまらぬレトリックに引っ掛からず普通に考えて、新幹線料金の半額となれば、新幹線並みの車両でその分、倍の時間、ってのが妥当であろう。
もしくわ、しょぼい車両で新幹線並みの時間。こりわ凄そうだ。市電みたいなんで200キロ。こりわ、まあ、ない。楽しそうだけど。

んで、客も納得、今の世のさあびすとしても成り得る、となると、そこそこの車両で新幹線の1.5倍くらい時間がかかっちゃう、か?
つまるところ、名古屋〜仙台は、新幹線以外の特急車両くらいなんを使って、6時間、片道1万円ポッキリ!往復割引あり、が適正な料金体系でわあるまいか?いかがであろう、皆の衆。



クリックすると元のサイズで表示します


さて、現実、深夜バスだ。
何が哀しゅうてロスアンジェルス日帰りを月2回。
せめてもの慰みはうっとおしい食事が出ないことだけど、じつわ、本すらまともに読めないのだ。

そこにわ読書灯の悲劇ってのがある。

普通読書灯って読書のできる位置にない?
このロス便にわ、まったくもって、そおいう配慮が、ない。
てか、ばかにしちょらん?ってな具合だ。

読書灯、前の『しいと』の背中の下の方に蛍の光くらいルクスで、在る。

深夜便である。リクライニングなしいとだ。んなもん、ぐいぐいぐいと、しいとわへたおれてくるわけで、読書灯、足元をうっすら照らす。ぶわかもおお〜ん、かあ〜〜〜あつつっだあ!
どんな格好をしたらこの位置、蛍の光ルクスで読書ができるんだろお?ダリか?ダリの世界か?

おまけにおいら、最初に乗ったときなんて、てっきり上から照らす飛行機式だとおもって暗い車内で天井を弄り、らしいなんか押したら、ちょっと紫色に光って『ぴんぽお〜〜ん。次、停車します』だと。
真っくらけな車内からわくすくすくすとこぼれ笑いが聞こえてくるでかんて。
んなもん、はなっからつけとくなて。ぴんぽお〜〜んて。次て。


いろいろだ。いきるということわ、実に、いろいろで、あるのである。(か?)



クリックすると元のサイズで表示します
(こりわ仙台の高速専用バスデーポ。ロスかと思った?ぷぷ)






2007/7/4  10:27

投稿者:sara

◇MOREさま

>>>環境問題を考えても公共交通手段の価格を下げることは重要なのでありまする>>

ぱちぱちぱち!
いや、はや、まったくです。
環境問題うんぬんがせっぱつまってれば、ある意味、電車とか、バスとか、んなもん、ただでだっていいと思うぜ。
環境保全は各々、意識の問題であれと叫ぶ以前に、行政はその意識を維持できるかどうかの現実をちゃあんと供給せにゃあ、んなもん、絶対、無理だわさ。

2007/7/4  10:18

投稿者:sara

◇しじみさま

仙台の牛タン、いたるところにお店があって、おいしそうですね。
おいらは今、動物は食べていないのでその機会がありません。
仙台って他にもおいしそうなものがいっぱいありますぞ。
とけいですかあ。何の時計でしょう?
腕時計かなあ?
腕時計以外ならおいらはブランコ時計みたいなオモチャっぽいものが好きです。
腕時計ならスペーシーな50ズものがいいですねえ。

2007/7/4  0:25

投稿者:しじみちゃん

仙台といえば、牛タンですが、saraさんは牛タン食べられましたか? なぜに仙台で牛タンなのかよくわかりませんが‥ 輸入牛らしいですし‥ ところで僕は、時計が好きなのですが、なにかおすすめなどありますか? 変わった時計が好きなのですが。

2007/6/30  18:35

投稿者:MORE 

長距離バスが安いのは、確か路線バスの免許制だかなんだかが自由化になって、価格競争が可能になったからなんだよね。
本当は鉄道だって飛行機だって価格を自由競争にさせれば安くなるんだろうけど、日本の場合はそこを政治力で規制するんで高いんだわさ。
環境問題を考えても公共交通手段の価格を下げることは重要なのでありまする(コホン)


2007/6/29  22:27

投稿者:sara

◇りっくりいさま

そおかあ、高山もいろいろ難儀だねえ。
どっちにしてもバスってことになっちゃうのだけれど、本当は鉄道・JRでちゃあんと安く遠くまでいけるように出来るんだよね。企業努力が全然足りてないのだね。
ちいと中小の企業に見習えって話だて、ほんま。

ということで、お元気?

2007/6/28  22:14

投稿者:rick lee

わかるわ〜〜〜
実感伴いまくりです
私も高山ー東京を月に2回くらいは往復しているけど
JR高杉晋作・・・ぷ
JRだとやっぱ3万はかる〜〜く超えるのよね
冗談はよしこさん・・・ぷ
しかも高山線ときたらめっちゃ本数少ないし。
で、私もちょいとシンガポールまで京王バスなわけ。
朝8時に出ると1時ちょい前には新宿西口についているのよね。
お値段も片道6500円だし・・・
これって名古屋へJRで行くよりかなり安い。
ほんと、交通費って馬鹿にならないのよね
よ〜〜くわかります。

2007/6/28  15:08

投稿者:sara

◇MOREさま

はははは
はらたってきたのかあ〜
しかし、世の中、外を歩くと、腹の立つことばっかだねえ〜
ま、できるだけ、遠くを見て、ほっとしていきましょお。という、理想であるのですが。ぷ

2007/6/28  12:00

投稿者:MORE

そうだわなー、今の世の中交通機関の料金体系って根本的な考え方を変えなかんわなー。
単純な距離じゃなくって「時間」と「快適さ」だわなー。
JRも空いてる座席をどうやって効率よく埋めるか、という観点から考えて欲しいもんです。
東京の電車料金なんざ同じところから目的地が一緒でも何種類も行き方があって、ぜーんぶ料金違う。当然一番高いのはJR!
もう腹立つくらい違う。
こうやって書いてるだけで腹立ってくるからもうやめるねー。(爆)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ