2008/11/13

冬支度な秋の日  




◇この夏は植物の成長がよろしかったし、ついつい調子にのってどんどんあれやこれ、鉢を増やしてしまった。
鉢が増えれば、さて、冬越しがやっかいである。
去年まではなんとかビニール温室1基で過ごしていたのだが、いやはや、この冬は絶対入りきりそうもない。

ともあれ、あれやこれ増やす、とゆうても、だいたいそんなに種類があるわけでわないおいらんちの植物(多肉)たち。

ちぎれては増やし、ちぎっては増やし、果ては勝手に、増える。
ゆえに同種の鉢植えがずらり並ぶ姿わ、いかにものインチキ業者スタイルである。

クリックすると元のサイズで表示します


ああ
そうなのだ。

けっきょくおいらは、そうだ。

メダカだって、どんどん増える。
卵を分けては増やし、どんどん増やす。どんどん防虫。ドン・小西か?(ふる)
ま、防虫はしないけど、とにかく、増える。
これ、またもぐりのメダカ業者なみだ。

ああ
そうなのだ。

けっきょくおいらは、そうだ。


増やす国から増やす事を教えに来た、変な格好のインチキ宣教師。(ま、歴史的に異教徒たるもの、だいたい変な格好をしているからね。インチキかどうかわ観念的なもの)
どうせ、ひとわおいらのことを、そう呼んでいるに違いない。
ああ
ばかばか
おいらのばかばかばか

もう、何のために会社をたたんだんだか。(か?)
ばかばかばかばか

******


クリックすると元のサイズで表示します


てな具合にて、はずかしながら屋上には、2基のびにいる温室↑が凛々しく建ち並ぶはめになるのである。



めでたしめでたし






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ