2006/9/26  10:26

次世代機対決  ゲーム

24日に幕張まで東京ゲームショーを見に行ってきました。
何といっても今回の目玉は発売が近づいてきたSONY「プレイステーション3」のゲームを実際に触れる事。
他にも出展はないものの12月発売の任天堂「Wii」のゲームの展示があるほか、次世代機で先行しているXBOX360もゲームが充実しつつあり、またHD-DVDドライブが発表されるなどこちらも注目。

さて、仕事の関係で自宅を出発したのは24日朝。
ゲームショーは半日しか見られないと言う強行スケジュール…。
何とかお昼に会場に着くと、人が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

特に大手企業が集中した部分は通路を歩くのも大変。
今年のゲームショー、過去最高の入場者数を記録したそうです。
混んでいるわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはPS3。
価格の値下げ(20GB版 49980円)が発表され、注目も集まっています。
画面も驚くような高画質。
CG映画のような画質のゲームが出来る時代になったんですねぇ。
しかしながらその画質でプレイできるテレビはまだまだ高いのが…。

クリックすると元のサイズで表示します

次はWii。
任天堂はゲームショーに参加していませんので、Wiiの展示はありませんでした。
ただコナミやセガなどのブースで本体は確認できました。
結構小さいです。

クリックすると元のサイズで表示します

WiiはPS3とは全く違う方向性(画像重視ではなく、遊び方重視)で開発が進められており、色々面白いゲームが出てきそうで注目です。
この斬新なコントローラーをどう使うかがカギか…。
ゲームは展示はあったものの体験できなかったのは残念。(展示・デモのみ)

クリックすると元のサイズで表示します

最後はXBOX360。
隣に並んでいるのが次世代DVDのHD-DVD用ドライブ。
外付けはスマートじゃないですね。
いずれは内蔵型に移行するのかな?

XBOX360は先行してすでに発売中なのですが、日本ではまたもや不振気味。
価格、ゲーム画質などを考えるとバランスは取れていると思うのですが、逆に言うと中途半端でインパクトが少々足りない感じか。
先代の悪いイメージを引きずっているのもあると思います。
ソフトは充実しつつあるようですので、本体をどう普及させるか、ヒット作を呼び込めるかが今後の課題かも。


とにかく色々新しいゲームが発売され、どれもやってみたい物ばかり。
しかしながらそもそもプレイする時間が…。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ