2008/1/12  22:33

最速6分  瀬戸電

今日は名古屋駅での買い物。
普段大曽根でJRに乗り換えて名古屋駅に出かけるということは多いのですが、帰りは席の確保が容易な栄町経由がほとんどです。
久々に帰りにJR+瀬戸線という経路で帰ってきました。
そこでこの看板に目が行きました。
久々なのでいつ頃から取り付けられていたかは不明。
結構前からあったけど気付かなかっただけなのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

2006年の東大手〜栄町間の加算運賃廃止により大曽根〜栄町間の運賃が30円値下がりし220円となりました。
地下鉄名城線の大曽根〜栄間が230円であり、これまで運賃面で敵わなかったのが逆転し優位な立場になりました。
オマケに所要時間も急行・準急ならば6分、普通でも9分ですので、地下鉄の11分よりも優位です。
駅の立地などもほぼ同等。(大曽根駅で上に上がるか下に潜るかの違い)
運行本数の点では地下鉄には敵わないのですが、名鉄にとってこれはチャンスです。

という事でJRから地下鉄への乗換通路となっている瀬戸線駅入口の柱にデカデカとPR用の看板が設置されたようです。
ネックとなる本数の少なさは時刻表も設置してカバー(?)しています。

瀬戸方面からの乗客が大曽根で降車しまうため乗客数が落ち込む大曽根〜栄町間。
少しでも乗客を増やそうとする努力が伺えますね。
0
タグ: 名鉄 瀬戸線 大曽根



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ