2008/4/25  13:13

雲興寺まつり臨時バス  名鉄バス

4月16日の記事にもあるように24日・25日の2日間開催される雲興寺まつりに合わせて、名鉄バスの臨時バスが運行されました。

クリックすると元のサイズで表示します

24日は生憎の雨となってしまいましたが、翌25日は快晴となり、お客さんも多かったように感じました。
瀬戸駅前で臨時バスを待つ列も出来ており、午前中の便では立ち客が出るほどです。
バス無くさないでよかったよかった。

バスは2台運用されていたようで、1台は今や貴重となってしまった旧エアロスター4623が使用されていました。
雲興寺幕も拝めてファンとしては嬉しい限り。
24日は確認できませんでしたが、どのバスだったのでしょう??

クリックすると元のサイズで表示します

雲興寺の狭い転回場も久々に活躍。
大型バスだとちょっと大変そうです。

クリックすると元のサイズで表示します

2台のうちもう1台は基幹バス1904「ミカちゃん号」でした。
以前は当たり前の光景だった赤津周辺での基幹バスも、今となっては貴重です。
白坂町バス停も2日間限りの復活です。
0



2008/4/26  23:47

投稿者:Dora

>馬並さん

雲興寺まつりですが決して集客力の大きな祭ではありません。
毎年24・25日という日に行われるため平日に祭が開催される年の方が多いですし。
しかしお年寄りを中心に固定客はいるようで、毎年バス利用者はいます。

来年以降も続けて欲しいですね。
もし今後赤津のバスがなくなってしまったら…。
どうなるのだろう。

2008/4/25  21:39

投稿者:馬並

長久手から大きいの2台出ましたか。
4623とは希少価値な車を使いましたね。
雲興寺まつりがどれぐらいの集客力があるのかよくわかりませんが、並んでたというのは、最近の瀬戸駅では珍しいのでは?

…。

今年の7月から長久手が名鉄バス中部に管理委託されて、来年以降どうなるのでしょうね。

http://blue.ap.teacup.com/1217/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ