2009/4/6  20:53

6753F廃車  瀬戸電

4000系の導入により在来車両の置換えが決定している瀬戸線。
去年8月に4000系1編成が搬入され10月から運用が開始されましたが、予備車的意味合いからか在来車両の引退はこれまで行われませんでした。
しかし4月にもう1編成搬入される事になり、さすがに留置場所も無いため引退車両が出てしまいました。

まず候補となったのは6753F。
検査期限も近づいていたため選ばれたようです。
夕方には検車区入口付近にトレーラーに載せられた姿がありました。
長くて短かった瀬戸線での最後の夜が訪れようとしています。

クリックすると元のサイズで表示します

同じこの位置でピカピカの6753Fがクレーンで吊られていたのがついこの前のような気がします。
あれから約19年経ったんですね。
最後は塗装の補修も出来ずちょっとくたびれた姿になってしまいました。

1編成引退でいよいよつりかけ車とのお別れの時も近づいてきました。
瀬戸線に新車が入らずつりかけ車を批判する事もありましたが、無くなるとなるとやはり寂しい気持ちになります。

「6753F」、お疲れ様でした。
6
タグ: 名鉄 瀬戸線 6753F



2009/4/8  20:17

投稿者:Dora

>DAYTONAさん

A3といえば転落防止幌を取付けたり、6750系で最初に英字幕に交換したりと何かと「一番最初」が多い編成でした。
逆に考えればそれだけ他の編成より検査時期が早かったという事で、今回は真っ先に引退ということになりましたね。
桜が咲き始めていたものの引退に間に合わなかったのが残念でした。

>馬並さん

昔は現地で解体していましたが、さすがに今は空地ではないため場所がありませんからね。
また近隣からの苦情や環境面を考えると、きちんとした処理工場で解体するのが望ましいのでしょう。

それにしても時間の経つのは早いものです。

>Mさん

カルダン化も10年早ければ実現していた可能性はあったのでしょうけど…。
今ではさらに技術革新が進み、今さら抵抗制御という選択はなくなってしまったのでしょう。

それにしても名鉄の「準備工事」というもので実現した方が少ないのではないかと…。
4000系の液晶増設工事が幻に終わらなければいいのですけど。

http://setoden.com/

2009/4/7  11:09

投稿者:M

これでALも残り5編成。
タイムリミットは確実に近づいてますね。
結局、当初予定されていたカルダン化改造はなされないまま、逝ってしまうのですね。

春の名残と去り逝く。
おつかれさま。A3よ。

2009/4/6  22:33

投稿者:馬並

雰囲気的に、ここで破壊するわけじゃないのね。

…。

時代の流れは速いですな。
もう19年ですか。HLの非冷房と入れ替わりに入ってから…。
年も取るわけか…。

ぐすん。

どくということは…。
4000が来るということか。

http://blue.ap.teacup.com/1217/

2009/4/6  22:04

投稿者:DAYTONA

こんばんは。
いつも掲示板ではお世話になっております。

ついに瀬戸電のつりかけ電車にも廃車が出てしまいましたか...。
思えば、8年前に名古屋へ来て初めて乗った名鉄電車がこのA3でした。
平成生まれの近代的な車体の下からつりかけサウンドが聞こえた時の衝撃は、今でも忘れません。

自動放送装置の更新も、A3がトップバッターでしたね。

明日、仕事が休みですので、桜とAL車のショットを狙いつつ、間に合えばA3に最後のお別れをしてこようと思います。

お疲れ様、「A3」。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ