2010/5/29  20:31

名鉄青山駅仮駅化  名鉄

高架化事業が進行中の名鉄青山駅周辺。
5月28日深夜に仮線への切り替え工事が行われ、翌29日から仮駅の使用が開始されました。

クリックすると元のサイズで表示します
従来の橋上駅舎の東側に増設される形で仮駅舎が設けられました。
旧線の撤去工事が進行すれば旧駅舎部分も解体されるのではないかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
真新しいコンクリートが眩しい仮ホーム。
簡素な造りです。

クリックすると元のサイズで表示します
バリアフリー対応のトイレやカラーのLED発車標が設置されるなど設備は最新ですが、足音が響いてしまう床などに仮の施設である事を感じる事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
仮線は旧線と綺麗に並んでいるため、まるで複々線のようになっています。
旧線はすぐに撤去が始められると思われますので、それまでの短期間限定の風景になりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして架線柱が4線を跨ぐように設置された区間ではスッキリとした編成写真が撮影できました。
すぐに工事用の柵が出来そうなのでこれが撮影できるのもわずかな期間かな?
5



2010/5/31  22:16

投稿者:Dora

>ぶってんさん

極力再利用されると思いますが、それぞれ駅により仕様が異なる部分が多いでしょうし多くの部分を再利用というのは難しかったりするかもしれませんね。
喜多山駅の仮駅舎もほぼ新築に近い感じです。
ただエレベーターや発車標など価格の高い物については他の駅での使用が想定されていると思います。
確か栄町駅のエスカレーターも新一宮駅の仮駅から移設されたものと聞いた事があります。

>ポップカルチャーさん

昔の仮駅は本当に仮設感が漂っていましたが、今は立派な設備が求められます。
そういう点で昔と比べるとさらに高架化に掛かる費用や工期というものが必要になってしまっているのではないでしょうか。
バリアフリーは確かに大切ですが、疑問を抱く部分も無いとは言えません。

話は変わって太田川の高架化ではいったん取り壊された勾配部の高架路盤部分が壊されずにその場に保存されています。
恐らく再利用という事になるでしょう。
仮線のPC枕木なども支障がなければ他の所で再利用となっているようです。

http://www.setoden.com

2010/5/29  23:06

投稿者:ポップカルチャー

最近はバリアフリーの要請もあり、たとえ仮駅であってもエレベーターなどは
取り付けなければいけない、ということになっています。
時代の要請ですから、駅舎やホームなどの部品は完成後にどこかの駅で再利用、
ということになるでしょう。

2010/5/29  21:54

投稿者:ぶってん

橋上駅舎など仮駅にしては結構贅沢な造りに見えますね。
愛知万博期間中に愛環の万博八草駅の拡張に使われたホーム部分が
撤去後に明知鉄道の極楽駅で再利用されているように、
高架化完了後にはまたどこかの駅で部品が再利用されたりするんでしょうか…

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ