2010/10/15  19:43

ガイドウェイバスLED表示車登場  バス

大曽根と志段味・高蔵寺を結ぶガイドウェイバス「ゆとりーとライン」。
開業時から今まで、3社による運行管理から名古屋市交通局へ1本化された以外は車両の動きとしては大きな変化はありませんでした。
しかし10月に入り行先表示を方向幕からLED表示へ改造した車両が登場し始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

元JR東海バス管理であったG-84号車。
LED表示になっています。
行先により下地のカラーリングを変えていましたが、LED化でオレンジ単色になってしまいました。
LED表示はシャッタースピードが速いと表示が切れて写ってしまうため写真に収めるのが難しいのですが、ゆとりーとラインに採用された機器は全く切れる気配がありません。
上の写真も設定をミスって1/2500という高速シャッターで写していますが、綺麗に写っています。

クリックすると元のサイズで表示します

後部はこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

側面は名鉄バスや市バスで採用されている矢印が書かれていて経由地が表示できるタイプではなく、大きな表示機で行先が表示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

LED表示化と同時に車内の料金表示機・運賃箱・自動放送装置なども更新が行われています。
運賃箱は来年2月のmanaca対応に向けた準備であり、今回全ての機器の更新がセットで行われたようですね。
小田原機器製の運賃箱で、上部にICカードR/Wが取り付けられています。
ちなみに乗車口にはICカードR/Wがありませんでした。
取り付けは今後行われるという事なのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

運賃表示機もLCDによる表示になりました。
これも小田原機器製ですね。
この地方のバスではレシップ製が主流となっており、この運賃表示機は目新しく感じます。
5



2010/10/23  22:52

投稿者:stakenaka

今のバリアフリー法はわかりませんが、当時の条文ではガイドウェイバスは高速バスや中古車と同じくバリアフリー法の適用除外だったような気がします。
2ステップ車自体はトップドア車などをベースにすればできそうですが、そんな特殊車J-BUSもMFBM作りたがらない様な気がします。

ところで、ガイドウェイバスの場合、収納式の車輪と路面との間隔がかなり厳しく、走行条件はノンステップバスよりも厳しいとのことです。サスペンションに収納式の車輪が付いているため、エアサスで車高を上げて難所を通過することが、出来ないためではないかと思います。

http://moon.ap.teacup.com/nishimino/

2010/10/23  4:55

投稿者:銀河FXR

私主宰のブログ“銀河夢急行”にコメント指摘がありましたが、現状のガイドレール構造では“ゆとりーとライン”にノンステ車の導入は、どうも無理だそうです。ワンステ車については、不明ですが……。もしワンステ車も駄目なら、将来的にはツーステ車を特注しなければならなくなりますが、果たして今どき新製できるのだろうか……?

2010/10/22  23:44

投稿者:ポップカルチャー

側面の表示器はもともとの幕の大きさが小さかったので、このタイプになったのでしょう。
仮に市営バスの幕の車がLEDになるとすれば、現在の側面表示器と同じ大きさが確保されていますので、このタイプにはならないでしょう。
市営バスも2001年式以降の車はあと9年近く使う流れなので、LEDに交換される可能性が
大きいと思います。
あと、新車についてです。昔の伝聞話なので信憑性は低いのですが、アップダウンの角度が急な区間があるためノンステップ導入は難しいという話がありました。確かに瀬戸みずの坂線はかなり「山道」を走っていました。但し、今の地上区間は問題なさそうに思いますが・・・。問題は高架区間ですね。無理ならワンステップになってしまうでしょう。
ベース車はいすゞエルガか、三菱ふそうエアロスターしかないでしょう。ハイブリッドは・・・名古屋市がよほど補助金を出さないと無理でしょう・・・。

2010/10/22  6:08

投稿者:銀河FXR

“ゆとりーと”車両の方向幕LED化がかねてから噂にはなっていたのですが、やはり事実だったようですね。

しかし、側面表示があんなスタイルだなんて、びっくりです。まさか、名古屋の市バスに採用されるとは到底思えないのだが……。

しかし、マナカ対応化と一体ならば、早ければ年末にも25両すべてが換装される可能性もあると考えます。市バス車両の換装に向けたテストのようにも思えてならないのだが……。

さらに、全車が“KL型”で2001年式なのも驚き!!下手すれば、19年まではノンステ車が皆無な状態になる恐れも。やはり当面は1〜3台だけでも良いからノンステップ車を新製投入すべきでしょうね。しかし、技術的にノンステ化は果たして可能かなぁ……?

2010/10/18  21:48

投稿者:Dora

>ポップカルチャーさん

ガイドウェイバスの車両ですが、形式は「KL」で平成11年度排気ガス規制適応車ですので、自動車NOx・PM法はクリアしていますね。
当面はそのまま使用する事になるかと思います。

寿命が長いという事で2ステップ車というのは今後問題化してくる可能性がありますので、ノンステップ車両の開発を急ぐ必要もありそうです。

http://www.setoden.com

2010/10/17  2:31

投稿者:ポップカルチャー

ガイドウェイバスは2001年3月の開業でしたので、車両は排ガス規制非対応で取替えが
必要、かと思っていました。
でも、Wikipediaを見たら車両は「2001年式」なので規制をクリアしています。
なので、方向幕のLED化が行われたのでしょう。
市営バス同様、18年使用になるのでしょうか。
但し、バリアフリーの観点から見ると25台全て2ステップ車、というのはいただけません。
ご存知の通りガイドウェイバスは債務超過の会社でお金がありませんので、一気に車両
取替えとはいきません。毎年数台ずつ入れ替えになるのでは、と予想しています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ