2011/4/28  22:29

4007F試運転  瀬戸電

4月19〜20日に搬入された4007Fの試運転が始まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

7編成ともなるとそこかしこで4000系同士の並びを見る事が出来るようになっています。
数年後には赤い電車が消え、このような光景ばかりになってしまうのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
4
タグ: 名鉄 瀬戸線 4007F



2011/5/14  21:27

投稿者:Dora

>T-Jet!さん

ファンの間からは銀電は味気なくてというような声も聞こえたりしますが、利用者にとって快適な車両である事は間違いありませんね。
シートにポールがある事で定員着席に役立っていますし、最新のエアコンは快適。
台車から響く音がやや気になりますが、これは線路側が良くなれば改善されるのではないかと…。
先頭車での前面展望もし易いのも◎です。(^^;

http://www.setoden.com

2011/5/12  8:07

投稿者:T-Jet!

ご無沙汰しております。

すっかり、瀬戸線のヌシになりましたね。それにしても非常に快適。めったに電車内では居眠りしないのですが、この車両が来るとついついウトウトしてしまうほど…。

私の中では、歴代の瀬戸電車両で一番だと思っております。

http://blogs.yahoo.co.jp/tjet1019

2011/4/30  20:01

投稿者:Dora

>ポップカルチャーさん

4008Fが増備されれば、いよいよと言いますか、やっとと言うか、4000系が最大勢力となる可能性がありそうですね。
遅れてはいますが、着実にオールステンレス化に近づいています。
喜多山駅高架化とオールステンレス化、どちらが早くなるのかな?(^^;

http://www.setoden.com

2011/4/30  8:59

投稿者:ポップカルチャー

平成23年度の設備投資計画では4000系2本投入、となっています。
1本目が4007Fですから、2本目が入ると6000系もしくは6600系4両が廃車となるでしょう。
6000系が廃車となった場合には、瀬戸線での最大勢力が4000系、ということになりますね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ