2011/10/9  21:03

名市交N3000形登場  鉄道

名古屋市交通局鶴舞線用の3000形車両の置き換え用として新型車両「N3000形」が製作され、8〜9日に第1編成となるN3101Hの甲種輸送が山口県下松の日立製作所から行われました。

クリックすると元のサイズで表示します
尾張一宮駅を通過する甲種輸送列車。3連休中の甲種輸送という事もあり、手軽に撮影できる尾張一宮駅は多くのファンが詰めかけていました。

クリックすると元のサイズで表示します
甲種輸送は笠寺駅で名古屋臨海鉄道にバトンタッチ。
この先はいつもと同じように名鉄築港線経由で大江駅へと運ばれました。
東名古屋港駅周辺も多くのファンが集まり祭りのような賑わいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
上小田井側の先頭車「N3801」です。
機関車のパンタグラフから発生する鉄粉から汚れを防ぐため施されたビニールの養生で先頭部はよく見えなくはなっていますが、雰囲気は伝わってきます。

クリックすると元のサイズで表示します
運転台上部の小窓の中に行先表示や車番などが入れられています。

クリックすると元のサイズで表示します
台形に処理されたライト回り。外側にプロジェクター式のHIDヘッドランプ、内側に標識灯が配置されています。そのヘッドライト部の外側に手すりがあるようです。
養生され見えませんが、先頭部の帯は中央部に向かってV字になっています。
スカートや車体前面下部のステップは輸送のため取り外されています。

クリックすると元のサイズで表示します
台車は6050形と同じ住友のSS176です。

クリックすると元のサイズで表示します
行先表示は名市交初のカラーのLED表示、車内の吊り手が一部高さが変えられて設置されているのが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
日立のA-trainと呼ばれるアルミ製車体という事で、継ぎ目が目立たず車体の角も滑らかな曲線を描いています。
2次車は日本車両で製作される事が決定しており、日車ブロック工法によるステンレス製となる可能性もあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
運転台は右手ワンハンドル式。名鉄乗り入れのため名鉄用機器も搭載されており、名鉄電車の運転台のような感じがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ちらっと見えた車内は東武50070系に似た雰囲気といった感じでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
N3000形は大江駅に到着後、前後にデキが連結されました。
深夜にデキ牽引により日進工場に運ばれるようです。
7



2011/10/12  19:07

投稿者:Dora

>湘南113系さん

製造するメーカーによって仕様やデザインが大きく異なっては交通局側も面倒な事になりますから、基本部分はほぼ同形状で製造されるのでしょうね。

>ポップカルチャーさん

最近製造されたばかりのメトロ1000系もアルミ合金製ですね。
果たしてどちらで製造されるのか、楽しみですね。
多少異なった方が趣味的には楽しいか??(^^;

http://www.setoden.com

2011/10/10  1:22

投稿者:ポップカルチャー

N3000形の2〜5編成は日本車両が落札しており、納期は平成27年まで、と長期に渡ります。
24〜27年、各年1本づつでしょうか?
仕様書によれば車体はアルミでもステンレスでもどちらでも構わない、となっています。日本車両でもA-trainの技術ではないでしょうがアルミ車体は作れます。どちらになるか今から興味津々ですね。

2011/10/10  0:42

投稿者:湘南113系

N3000系第1編成が日立で製造されたということは、使用事例のない鶴舞線と名鉄でのアルミ車が適合するかを確認するための試作車として製造されたものと思われます。
第2編成以降は日本車両で製造するとのことですが、車両デザインはほぼ変わらないとのことです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ