2012/9/1  21:06

6027F復活  瀬戸電

8月24日に尾張旭2ロ号踏切で発生した踏切事故。
上り列車で運行中の6027Fと渋滞で踏切内に取り残されていた自動車が衝突したというものです。
事故発生時刻が18時過ぎという時間帯であったため、TVの全国ニュースでも中継されるなど、大きなニュースとして伝えられました。

6027Fは損傷が発生したため事故後は運用を外れて、検車区で修復工事が行われていました。
その工事が終了したようで、31日から検車区の外で留置されています。
修復の際、多少の変化が発生したようです。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは比較用にと、8月24日事故1時間30分前のモ6227。
この後事故が発生するとは予想だにせず…。

クリックすると元のサイズで表示します
修復後のモ6227。
衝突で傷が入った車体は修復部分のみ再塗装されました。
元々パッチワーク状態の車体がより一層…。
台車のボルスタアンカーやブレーキシリンダー、排障器の取付部などに再塗装跡が確認できます。

クリックすると元のサイズで表示します

連結器下に電気連結器が装備されていない瀬戸線の6000系にはブレーキホースやジャンパ栓が残されていましたが、今回の修復で撤去されました。
よっぽど使うことが無い装備であると判断されたのかと思います。
エアー配管が新しくなっているのが確認できるほか、雨どいやステップも手直し(新品?)されています。

ちょっと顔つきが変わってしまった6027F。
事故が二度と発生しないことを祈るばかりです。
6
タグ: 名鉄 瀬戸線 6027F



2012/9/2  21:22

投稿者:Dora

>ポップカルチャーさん

6027Fですが、9/2より運用復帰しました。

休車の件ですが、6025Fが運用を外れて検車区16番線に置かれています。
運用休止中の札が掛かっているという情報もありますので、休車という事でしょう。
6027Fの代わりに運用されるかと思いましたが、結局は出番は無かったようです。

http://www.setoden.com

2012/9/2  0:36

投稿者:ポップカルチャー

このニュースを聞いた際に「順番を繰り上げて6027F先行廃車?」と恐れていましたが、それは多分なくなりましたね。
モ6227の正面の細かい変化は写真に残しておくと貴重な記録になるでしょうね。
別件ですが、6025F、6026Fのどちらかが最近動いていないので「休車」、という話を聞きました。本当でしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ