2012/12/3  23:26

4003F検査入場  瀬戸電

2008年に第1編成が登場した4000系。検査期限となる4年をそろそろ迎える編成が出ており、順次検査入場が行われています。
11月下旬まで4002Fが検査入場していましたが、先日無事に運用復帰したという事で、続いて4003Fが検査入場したようです。

クリックすると元のサイズで表示します

アントに牽かれて構内入換中の4003F。
この後15番線に移動しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ク4103のクーラーキセが外されているようで、冷房装置の中が丸見え。

クリックすると元のサイズで表示します

モ4153のパンタグラフも取り外されています。

約2ヶ月ほど入場していた4002Fと同じ様なスケジュールで検査が行われるとすれば、復帰は来年1月下旬頃になる感じでしょうか?
6
タグ: 名鉄 瀬戸線 4003F



2012/12/28  22:57

投稿者:5700系

瀬戸線の迎春系統板デザインには6600系ラストイヤーの文字?

2012/12/6  22:23

投稿者:DAYTONA

こんばんは。

A3やA5が引退したのがついこの間のように思っていましたが、
彼らを置き換えた4002Fや4003Fも検査時期を迎えたのですね。

車体の黒ずみやタイヤフラットなど、日頃の激務の疲れ(?)も
目立ってきていたので、しっかりとオーバーホールして、
また元気な姿で戻ってきて欲しいものです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ