2015/7/21  21:38

デキ600形廃車  名鉄

クリックすると元のサイズで表示します
▲2015.7/21 大江〜東名古屋港間にて

名鉄に電気機関車「EL120形」が導入されて約半年が経過。
EL120形も5月から保線作業用の工臨や名古屋市交通局の新車の輸送、1133Fの廃車回送など本格的に稼働が始まっています。
そのためこれまで長い期間活躍してきた凸型電気機関車デキ600形が廃車される事になり、7/21に廃車回送が実施されました。
デキ600形4両は犬山検車区や新川検車区から大江駅に前日までに集められ、21日の築港線の朝の運行が終了後に東名古屋港駅まで4両で自走で回送されています。

クリックすると元のサイズで表示します
▲2015.7/21 名電築港にて

東名古屋港駅から名電築港駅へは軌陸車で移動が行われ、名電築港駅構内でクレーンでの吊り上げ作業が行われました。
この後は部品の撤去を進めた後、金属リサイクル業者に運ばれるものと思われます。
3
タグ: 名鉄



2015/7/28  20:29

投稿者:名鉄馬鹿

最近の名鉄はやっている事が滅茶苦茶ですね。廃車になった車両をすべて解体なんて頭が狂っています。車両の価値を全くわかっていない

2015/7/22  10:17

投稿者:銀河FXR

70年間、名鉄の運転現場ではハイナン島と呼ばれて可愛がられたし、1960〜70年代は営業貨物列車にも活躍していましたね。

静態保存の願いもむなしく、いきなり全廃並びに解体なんて、余りにもむごい気がします。

また3307Fの大江駅回着は8/19(水曜日)夕方に決まりました。1384Fもとうとう最期の時が近付いたようですね。詳しくは私のブログ(銀河夢急行)にも書きましたが。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ