2013/6/20

2013年06月20日のDAM精密採点DXの順位  歌声喫茶

2013年06月20日のDAM精密採点DXの順位

 レベル:116
 順位:24位
 曲数:3,819曲
 カロリー:18,402.4kcal
 演奏時間:9日17時間00分27秒
 歌唱秒数:358,542秒
 累計歌唱秒数:882,203秒

 (1)1,842,577秒 253 じんじん鞍馬口さん
 (2)1,726,876秒 244 Sスタ☆メンバーさん
 (3)0,864,442秒 166 138TAKEOさん
 (4)0,806,363秒 160 いさみや いっちさん
 (5)0,772,473秒 157 京都市の天海祐希さん
 (6)0,770,582秒 157 福岡プリーズさん
 (7)0,761,397秒 156 いちかままさん
 (8)0,707,185秒 151 ゆきりんさん
 (9)0,662,637秒 146 クォーター仙台店さん
(10)0,594,597秒 139 こたんさん
(11)0,554,274秒 135 ドレドレド丸太町さん
(12)0,545,175秒 134 広島黒瀬ミサデスさん
(13)0,526,666秒 133 ひろぽんたさん
(14)0,512,663秒 131 もも姫ソロさん
(15)0,479,705秒 128 名無しさん
(16)0,466,313秒 126 イニシャルDさん
(17)0,462,601秒 126 わおん 牛若丸さん
(18)0,436,926秒 124 ♪流山のお爺様♪さん
(19)0,425,341秒 122 くびえだのりぞーさん
(20)0,382,862秒 118 クニちゃんさん
(21)0,379,615秒 118 琢斗。A・)b、さん
(22)0,373,235秒 117 居酒屋ろんぱりさん
(23)0,361,170秒 116 アドフィードさん
(24)0,358,542秒 116 なかむらよしふみさん
(25)0,357,199秒 116 ちいこさん
(26)0,349,473秒 115 ぽん太さん
(27)0,349,353秒 115 あかささん
(28)0,328,589秒 113 カリスマニートさん
(29)0,326,765秒 113 コトハたん@天使さん
(30)0,316,656秒 112 松阪 はじめさん
(31)0,315,780秒 111 ★♪ZORO♪★さん
(32)0,305,278秒 110 ぴよこい☆♪さん
(33)0,301,974秒 110 てんとう虫 望月さん
(34)0,301,955秒 110 だかみりいゅさん
(35)0,301,320秒 110 ★野田市の王子★さん
(36)0,297,025秒 110 シェリーさん
(37)0,296,762秒 110 おまる★東海神起さん
(38)0,286,942秒 109 BAR 373さん
(39)0,282,561秒 108 うただいすきさん
(40)0,277,297秒 108 広島黒瀬ミサデスさん
(41)0,275,127秒 107 KENちゃんさん
(42)0,271,931秒 107 コールさん
(43)0,269,917秒 107 ウタサカバーAさん
(44)0,266,860秒 107 かいとさん
(45)0,266,215秒 106 バーラクーンさん
(46)0,266,024秒 106 JENNIEさん
(47)0,265,215秒 106 こはみさん
(48)0,264,140秒 106 かべきちさん
(49)0,263,032秒 106 ぬるぽさん
(50)0,259,017秒 106 妙さん

【カラオケのあるライブハウス】

 ライブハウスは、客に歌を聞かせるお店である。

 カラオケボックスは、客に歌を歌わせるお店である。

 カラオケのあるライブハウスは、客に歌を聞かせることも、客に歌を歌わせることもできるお店である。

 これからの時代、ライブハウスもカラオケを置くべきだと思う。

 歌の好きなお客は、歌手の歌を聞きたいという気持ちと同時に、自分も歌を歌いたい、自分も歌を聞かせたいという気持ちを持っている。

 プロのステージが終わった後で、客にもステージで歌を歌わせることができることは素晴らしいことである。

 それから、歌手も、カラオケがあれば、音源を用意したりしなくて済む。

 楽譜や歌詞を書いた紙を用意しなくて済む。何曲でも自由に歌える。

 カラオケがあれば、楽器を使うことができない歌手、伴奏者がいない歌手でもライブをすることができる。

 浅草まねきねこのステージカラオケは、とても好評だった。

 ステージは、プロ歌手のためにだけあるものではない。

 お客にもステージで歌わせることで、「歌手と客」の親睦だけではなくて、「客と客」の親睦を深めることができる。

 ステージカラオケは、ほかのお客さんの歌をいろいろ聞くことができるので、いつの間にかレパートリーも増えていく。

 自分ひとりで練習するだけでは、レパートリーが広がっていかない。

 ライブハウスは客に歌を聞かせるところ、カラオケボックスは客に歌を歌わせるところという固定観念はなくすべきである。

 ライブハウスもカラオケボックスも、カラオケでお客を集める工夫をすべきである。

 カラオケボックスは、1曲歌を歌えば幾らというお金の取り方はしていない。

 カラオケボックスは、部屋代や利用時間や飲食代でお金を儲けている。

 1曲歌えば幾らというお金の取り方をすると、お客が歌を歌わなくなってしまう。

 お客が歌を歌わなくなってしまうと、カラオケが宝の持ち腐れになる。

 コストばかりかかるので、カラオケをやめてしまおうということになる。

 客に好きに歌わせれば、出演料がかからないライブが何の打ち合わせもなく簡単にできてしまう。

 客もステージで歌えるということで上機嫌になる。

 今は、素人とプロ歌手の線引きがとても難しい。

 カラオケがあることで、素人でも歌手のようなことが容易にできてしまうからである。

 しかし、プロはプロであって、素人とは違うなというところをお客に見せることができれば、それでよいのではないかと思う。

 カラオケボックスが練習の場とすれば、ライブハウスやステージは発表の場である。

 練習の場だけではなくて、発表の場も用意しないと、お客の欲求を満たすことはできない。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ