chambre de yoshi

趣味のこと、日常のこと、思いつくまま

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:9条守りたいね
TBありがとうございました。
残念ながら名護市長選でも基地反対派が分裂したばっかりに負けてしまいましたね。
私は一番ブレの少ない政党として共産党を評価しています。統一戦線については党大会で積極的な方針が打ち出されたということで、大いに期待しているところです。
私の尊敬する先輩が新しい運動を呼びかけていて、既にかなりの広がりになっているようです。この運動が表に出てくるのは2月以降とのことなので、ぜひ注目していてください。
http://kyuujyou.exblog.jp/2363398#2363398_1


http://kyuujyou.exblog.jp
投稿者:yoshi
>ケイゾクさん
そう、共・社が逃れられないほど、「一緒にやれ」という声を高めましょう。

>9条守りたいねさん

お気持ちは分かります。しかし、客観的に見ると、「懐の狭さ」は社民党の方にあります。「どこまでも民主党とやる」なんてところが。。。でも、そんなことはまあいいんです。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-01-24/2006012401_01_1.html

こういう動きが出ました。社民党の対応いかんでは大きな流れが作れそうですよ。
投稿者:9条守りたいね
トラックバックありがとうございました。
このエントリーでの主張にはまったく同感です。
9条を守ろうという団体や個人が全て大同団結するためには、その中軸であるべき社共の協同が不可欠です。
それなのに共産党の懐の狭さときたら!なんとかならないものでしょうか?


http://kyuujyou.exblog.jp
投稿者:非絶対者
えーっと、きくちゆみさんの行動というのは、ブロガーズリンクの私がコメントを書いて消されたページにトラックバックされていた記事のことでしょうか?
それならば、本件とは別物です。

ブロガーズリンクが「9条を守る」運動の「基点」として賛同ブログの皆が見なしている以上、そこに書かれること(今回なら毒ガスの話)は「9条を守る」ことと何らかの関係がある、と私は受け取りました。
そこで質問して、コメントが消されたので「どうしてそんな態度を取るのか?」となった訳です。
確かに的外れかも知れません。
ですが、ブロガーズリンクの態度が「9条を護持する人々」を代表する態度と取られる可能性もあるということを、私は指摘しておきたいと思います。
投稿者:ケイゾク
TBありがとうございます。

自分も大会決議案を目に通して同じようなことを思いました。この時期に党大会をひらくなら憲法問題でもっと情勢を切り開く運動方針やそれにつながるような言葉がもっとあってもよかったのではと思います。自分としてはガッカリでしたけどね。

多くの国民の間で多数派をつくり共産党も社民党をも動かすことをするしかないように思えます。

http://blog.goo.ne.jp/hitujiganihiki/
投稿者:yoshi
>TAMO2さん
>しかし、ほかに選択肢がないので、国政選挙で(社民党に)投票しているのですが_| ̄|○

前回の選挙で、僕は個人的には社民党は「消滅する」と思っていました。しかしTAMO2さんのような「心優しい」人が結構いたのでしょうね。しかし、次はそううまくは行かないかもしれませんね。

>(共産党は)能力はあるけど、人望がないということに尽きるでしょう。
地方の場合はともかく、「国政レベル」において、共産党は「人が見えない」という欠点がありますね。僕は、人を動かすのはやはり「人」だと思います。「優等生に人が付いていかない」という「法則」をよく理解し、「魅力ある人の集団」とならなければ、「運動体」としては失格でしょう。

組織としては、決して金持ちではないのに「政党助成金」という国民からの「ネコババ金」で生きているほかの政党とは一線を画す、「格好いい」ところもあるのに、もったいない話です。
投稿者:yoshi
>片山みかさま
>もっと日本の制度全般について有権者が認識を深めつつ、変わる必要性があるのでは?と感じています。

これについては僕も同感です。しかし、特に国政に関わる政治家・政党が、積極的に「民主主義」を蹂躙していることが、「庶民」の側に対しても「約束なんて守らないのが政治だ」と思わせている大きな要因のひとつだと思っています。

片山さんは「地方自治が民主主義の根幹」を実践されているのだと思います。でしたら、民主党内部で「地方と国政レベルの乖離」をなくす方向で、ぜひがんばってください。そして、それが無理なのであれば、その時はそんな「組織」を飛び出して、「9条を守ろう」という人たちと手を組んでくださいね。
投稿者:yoshi
>山さん(僕もやまさんです)
しっかり「抱き合って」いきましょう!!

>みーちゃん
大道(大同)を強固に、さらに太くしていくことで、小異を乗り越えていきましょう!

>yamamotoさん
また個別にお返事しますね。
投稿者:yoshi
>FungiFunさん

九条の会は4000を超えたそうですね。今「政党」の「正当性」が問われている時期だと思います。特に共産党や社民党という「九条擁護」を掲げる政党が自己の正当性を保とうとするならば、ますます大きくなる九条の会などの声を聞かざるを得なくなるでしょうね。「それができるかできないか」で、九条擁護運動もさらに飛躍するかどうか、というところにあると思います。
投稿者:TAMO2
TBありがとうございます。

さて、社民党が信頼できないのは、小生の場合も同じですが、それは「政治のプロとしての能力」という観点からですね。それは北朝鮮による拉致問題に関する自己批判に現れています。曰く「朝鮮労働党から間違った情報を流されて、判断を誤った」と。情報リテラシー能力がない、と言うことを自己暴露したのです。政権を取って欲しくない、ではなく、取らせてはいけない党です。しかし、ほかに選択肢がないので、国政選挙で投票しているのですが_| ̄|○

共産党のダメっぷりは、もう、書き出したらキリがないので止めておきます。能力はあるけど、人望がないということに尽きるでしょう。

非党派の護憲派は、党派のあれこれにやきもきすることなく、やるだけのことをやるしかないと諦めて(?)います。
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ