chambre de yoshi

趣味のこと、日常のこと、思いつくまま

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:talto
「江戸時代の庶民に苗字はない」って、実際には屋号などを苗字代わりに用いている庶民は結構いましたよ。

近代以前の日本人は天皇から与えられた「姓」と通称である「苗字」や「屋号」といった二つのファミリーネームを持っていました。
 
そして「夫婦は、姓の次元では別姓、苗字の次元では同苗字というのが「日本の伝統」であった。」
(『源氏と日本国王』岡野友彦 講談社現代新書 29頁)

近代日本の家制度を嫌悪されるのは別にいいですけども、近代日本を否定するために前近代の日本を現代の視点で美化されるのはろくな結果をもたらさないと思うのですが。

仮に明治以前の一般庶民が名無しの権兵衛であっても、苗字を華族や士族と同じように公式に用いることができ、おまけに源平藤橘と言った古色蒼然たる家の格式を意識させる姓から解放されるようになったというのは「進歩」以外何物でもないと思うのですが。

そうそう「夫婦別姓大論破」で反対を唱えている
宮崎哲弥さんもそうらしいです。何度も失礼しました。

http://fb-hint.hp.infoseek.co.jp/
夫が改姓した例といえば。。
自民党の小渕優子さん、あと同じく自民党の山本明彦さんや民主党の水島広子さんも確かそうだったような気がします。あと同級生に二人ほどいます。
多くはないですね。

http://fb-hint.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:腐ったミカン
最近のブログは面白くて釘付けです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ