橦木倶楽部通信  第2輯

橦木倶楽部を拠点に、文化のみち全域のネットワークづくりを目指します。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:お千代保稲荷調査委員会
伊藤さんとの関係はまだはっきりと解かっていません。台観寺の前の住職の天台宗大僧侶森は 須脇の大庄屋すなわちお千代保稲荷を作った庄屋の森の子。須脇の屋敷は 盗賊 早川が 戸籍を 盗賊してもっていった。
投稿者:masa
須脇のお千代保稲荷の由来についてお教えください。伊藤祐民さんが関わっていますか?
投稿者:お千代保調査委員会
すぐ近くの台観寺は天台宗寺院。三重県津寒松院の末寺。大正八年(1919)本堂を当地に建立。同県桑名郡大山田村の円明寺(水害で流失)の本尊の阿弥陀如来を安置し、円明山台観寺と称した。境内には大黒堂があり、武靖大黒天をまつる。甲冑に身を固め、右手に知恵袋、左手に宝棒を持った珍しいもので「知恵さずけのなごや大黒」と親しまれ崇敬されている。
 この寺とさらに須脇のお千代保稲荷の由来に関係してくる。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ