アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2010/2/27

MRI検査  子宮筋腫の治療

子宮筋腫の定期検査でMRI検査を受けてきました。

MRIはこういうやつです→ クリックすると元のサイズで表示します

この装置に入るのは初めて。
入っているのは15分ほど。
ビービーやらウォンウォンやらいろんな大きな音が絶えずしていて、
なかなか面白かった。費用は保険(3割負担)がきいて6000円くらいでした。

MRIとは:byウィキペディア
核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう、英語: magnetic resonance imaging, MRI)とは、核磁気共鳴 (nuclear magnetic resonance, NMR) 現象を利用して生体内の内部の情報を画像化する方法である。
断層画像という点ではX線CTと一見よく似た画像が得られるが、CTとは全く異なる物質の物理的性質に着目した撮影法であるゆえに、CTで得られない情報が多く得られる。
X線などの電離性放射線を使用しないため、放射線被曝がないと考えられている。

注意点
磁気に反応する金属が体内にあったり、ヘアピン、イヤリング、指輪、入れ歯、眼鏡、磁気治療器具などの装身具・金属製品は取り外さなければなりません。
また、化粧は検査前に落とす必要がある。マスカラ、アイライン、アイブロウ、アイシャドー等の化粧品の中には磁性体を含む成分を含有していることがある
カラーコンタクトレンズも同様である。

検査結果の写真を見せてもらって でかっ というのが素直な感想。
手で握りこぶし作ってこのくらい(直径7,8センチ)って先生から言われてたから
その大きさを知ってたのに、画像を見せてもらうと
「ああ、これは不自然だな」なんて変なことを思いました。
コブのように真ん丸く、へそから下のお腹のかなりの部分を占めています。

検査までの2ヶ月間、漢方薬で「自分で自分を治す」努力をしましたが、
その効果はわかりません。ただ、大きくなってはいませんでした。

お医者さんと相談しましたが、閉経までまだ時間があるので
このまま放置はしておけないとのこと。

漢方薬の治療を続ければひょっとして少しは小さくなるかもしれませんが、
それにしてもやっぱり大きすぎるようです。
どれだけの期間飲んだらいいのかという保証もありません。

そういうわけで、手術することに決めました。

漢方薬はすごいぞ!って報告を書けたらよかったのですが、
そうならなかったのが少々残念です。

*2010.01.19の「子宮筋腫の漢方薬」追記しました→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki-naho/1260.html
0
タグ: 子宮筋腫 治療



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ