アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/5/19

西葛西のインド料理「スパイスマジック カルカッタ」でディナー  エスニック料理 カレーもねっ

以前ご紹介した西葛西にある本格インド料理屋さん「スパイスマジック カルカッタ」。
→ http://diary.jp.aol.com/applet/tabizuki-naho/20060509/archive
今までランチしか食べたことなかったけど、
ランチよりディナーの方が実はよりおいしいと小耳にはさんだので、夜行ってみた。

スパイスマジック カルカッタ
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/14773.html

クリックすると元のサイズで表示します
セットのメニュー
クリックすると元のサイズで表示します
カレーのメニュー
クリックすると元のサイズで表示します
ナンやビリヤニのメニュー

今回いただいたのは

クリックすると元のサイズで表示します
カルカッタ ターリ 2100円
カレー3種(選べない)、サラダ、豆ウエハース、タンドーリ料理2種、ナン、マサラティ

カレーだけじゃなく色々食べてみたかったのでとりあえずセットものを注文。
女性はもう十分お腹一杯になるし、この味なら2100円は安い。
ただマイルドなお味だったので辛〜いのがお好きな方は辛くしてと一言 言った方がいいな
ちなみにベジタリアン用もあります。

確かに昼より夜の方が美味しく感じた。それってタンドーリ料理を食べたからかな。
実はカレーは別としてタンドーリ料理を特に美味しいと感じたことが今までなかったのだが、
このお店のは確かに美味しかったのだ。

今回はいただかなかったけど、気になるのは「ビリヤニ」。1450円
*ビリヤニとは:インド、パキスタン等で食される「炊き込みごはん」のような食べ物。
 マトン・チキン・野菜・エビ・魚などの具を、カレーとともに炊き込む。
 「バスマティ・ライス」という高級米を使って作り、現地では「ごちそう」なんだって。


この日の夕食を共に食してくださったのはF嬢。
このブログを通じてお知り合いになりました。
ありがとうございます。今後もひとつよろしく〜。

いやいや、自分のはといえブログを馬鹿にしちゃいけませんなあ。

0



2006/5/20  20:37

投稿者:fisheyes

ハイデラには4回しか行ったことがないから、、、独りよがりでかきすぎでスイマセン。ハイデラ風ビリヤーには、ニルギリで食べたものが印象的で美味しかったです。スパイシーだと、何でも、ハイデラバード風とかパンジャブ風、、、、ハイデラのは洗練されてます。プラウは、ほとんどギーの海の中で作られる感じでハイカロリーです。ベジタリアンは太っちょの人が多いです。パニール(生チーズ)のカレーなどもあるし、ベジタブルは一体に高カロリーです。マトンは日本ではゴートはほとんど手に入らないから、味が違います。宮廷カレーはアフガニスタンから来たものだし、ムガールは元々はモンゴルがなまって、ムガールになったのだから、、、、ムンガール、、、、日本では,まだ、これは凄い、、、というカレー屋さんにお目にかかったことがありません。どこか、これは美味しいというカレー屋さんがあったら、こちらこそ、教えていただきたいです。ネパールは現中国の青海省あたりも含んでいたようですから、モンゴルにつながっていたんですね。
番町のアジャンタ。美味しいですが、、、やっぱり、違うんですよ。バスマティは、、、、なかなか、、、日本人の味覚には???だと思います。日本でも、買えますがお高いですね。

2006/5/20  1:35

投稿者:naho

fisheyesさん なんでもお詳しいんですね。
お店でインドの方が食事をされてましたけど、
近くではなかったのでスプーンを使ってらしたかどうかわかりません。
もともとは地元のインドの人用にとお店を開いたのだと思いますが、今では日本人のお客さんの方が多いのではないでしょうか。

2006/5/20  1:25

投稿者:naho

mikiさん、早速コメントありがとうございます。
次はどこがいいかなあ・・・
気になる店を見つけたら是非連絡してくださいね〜。

2006/5/19  23:35

投稿者:miki

先日はありがとうございました♪
さすがnahoさん、ちゃんとメニューの隅々までチェックされてるんですね。
「ビリヤニ」なるものがあるなんて、全然気づきもしませんでした。おいしそうですね。次回チャレンジしてみたいです。

nahoさんのブログで、いろいろな情報を知ることができ、またこうやってお知り合いになれたことにとても感謝しています。ありがとうございます。
いや〜、ブログってすごいですね。

2006/5/19  21:04

投稿者:fisheyes

北インドではターリー、南インドではミールスと呼ばれているのが定食です。通常、ノンベジは入らないので、デリーなどの日本人が良く出入りする高級レストラン以外ではほとんどベジタブル料理だけです。インドでは、パン系もご飯系も食べ放題で、白飯だけでなく、プラウやビリヤーニも含めて食べられるところもあります。価格は、田舎に行くと10ルピー〜。都会では25ルピーから、相当な高級なところでも100ルピー(250円くらい)です。日本だから、2100円も仕方ないのでしょうね。通常、高級なところでは、ライタ(ヨーグルトサラダ)、チャツネ、ベンガルスイートなどマサラも含め7〜8品が出てきます。ターリーはステンレス食器、ミールスはバナナリーフででてきます。2100円で、西葛西なら、、、インドのオリジナルのターリーのようなものがほしい、と感じました。日本だと、どうしても、肉系タンドーり料理を入れないと日本人客が来ないのでしょうね。
軽かったでは、インド人が来て、直接、ユビを使って食べている姿が楽しめますか?

2006/5/19  20:39

投稿者:fisheyes

メニューにはハイデラバードビリヤーニとありますね。ハイデラはムガール帝国の南の拠点でした。ムガールの宮廷料理が変化したインドでも料理がスパイシーで有名なところです。今ではインド第六の大都市です。本来は、ベジタブルのみだと思いますが、ナッツなどが入っています。
価格をメニューで見ることが出来ましたが、良いお値段ですね、、、、高いなぁ、、、日本はインド料理が高すぎる印象です。ロンドンの方がリーズナブル。インドは超リーズナブルだから、、、日本の価格には呆れます。赤坂のタージの土曜日から金曜日までのランチ1200円、食べ放題、珈琲、紅茶も飲み放題です。

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ