アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/6/17

申込金と手付金について  40にしてマンションを持つ計画

マンション申込み後、3日で銀行の仮審査が通った。
それを受けて申込みの翌週末契約を行なった。

手付金契約時に支払えばよいものだが
当日お金を持っていくというのは抵抗があるので、契約日の前日振り込んだ

そこで申込金と手付金の違いについて
今回の物件は申込金は不要であったのだが、この違いについて説明。

どちらも通常頭金の一部に組み込まれるが、
申込金はとりあえず部屋キープのお金。正式な購入意思表示ではない。
手付金は物件の1割〜2割程度の大金であり、正式な購入意思表示にあたる。


もし申込金を支払ったけれど、契約までの間に買手が買うことをやめたとする。
その場合は申込金は戻ってくる。

しかし、手付金はもう契約が完了したことになるので、注意が必要だ

仮審査してもらったときに住宅ローンの特約が付いていれば、
何も状況が変わってないのにローンの本審査でローンが通らなかったら
今までのことはなかったことにしてくれて手付金は戻ってくる
ただし、このローン特約にも期限があるので要注意。
期限を過ぎてる場合は手付金は返ってこない。


もし、仮審査から本人の状況が変わった場合や自己都合などの場合
たとえば、転職した、サラ金からお金を借りた、別のローンを組んだなど
返済能力が低下されるとみなされる行為は特約は無効となり、手付金は戻ってこない

カードのリボ払いもマイナス要因になるので注意。
そういった注意事項はマンション販売会社が教えてくれる。

こちらが注意しなければならないのは、ローン特約が付いているかどうかである
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ