アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/6/28

映画「ホワイト・プラネット」  映画

映画「ホワイト・プラネット」を観た。

海の中の世界を描いた力作「ディープ・ブルー」、
ペンギンの生態が素晴らしい「皇帝ペンギン」がヒット。
これに続けとばかりに持ってきたネーチャー・ドキュメンタリー映画

クリックすると元のサイズで表示します

ホワイト・プラネット  http://www.whiteplanet.jp/

舞台は過酷な北極。マイナス50度の世界。
そして数十年後にはもうなくなっているかもしれない景色。
その中で懸命に生きている生き物達を描く。

中心はホッキョクグマの親子
これが実にかわいらしいのだ。
赤ちゃんってどんな生き物もかわいいね〜。
ぬいぐるみみたい。
氷も青いわ〜。

さて、感想。
出だしはとてもよかったと思うのだが、半分を過ぎたくらいからだんだん眠くなった
周りからは寝息がす〜す〜聞こえてくるし。

これって私が生き物に興味ないから?
(ちなみに愛猫たちはめちゃめちゃ大好きだが、基本的によそんちの猫に興味はない)
う〜ん、でも「ディープ・ブルー」はちゃんと最後まで楽しんで観れたぞ

分析してみる。
多分余計な音楽
そして「ディープ・ブルー」や「皇帝ペンギン」よりも映像美に欠ける気がする
もっと荒々しい北極の風景とか弱肉強食の風景とかあったのでは。
いやもちろん、美しくも過酷そうにもなかったわけではないのだが、
NHKのスペシャル並みっていうか、それ以下っていうか。予算の問題ですかね。

とはいっても尋常じゃない寒さだから、スタッフは大変だったろうと思う。
だからそんなこと、言っちゃだめなのかなあ。。。

これはやっぱりメイキングの方が感動するに違いない。DVDが出たら借りてみようっと。

最後に映画に全然関係ないけどふと思ったので。
NHKさんへ
下手な芸能人にお金かけてつまんない番組作ってないで、
こういうのにお金と時間をかけてよ。
ナショナルジオグラフィック」とか「BBC」に負けない
世界に発信できるくらいのものをもっとたくさん作ってください。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ