アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2005/9/26

北陸能登島ダイビング&ドルフィンスイム2005.9.22  【ダイビング】 能登ダイビング・金沢旅行2005.9

通算 94本目&95本目

朝7時半に能登九十九湾にある百楽荘を出発して約1時間半、能登島に到着。
いつも国内ダイビングは伊豆か沖縄か。だから日本海は初めて。
太平洋側とどう違うのかなっていうのがまず一番の楽しみ。

それからここには野生のハンドウイルカが3頭、住み着いている
ハンドウイルカはバンドウイルカのこと。最近学会で正式に名称変更が決まったんだって。
暖かい海に生息するはずなのに、寒い日本海にいるということで注目をあびているらしい
このイルカちゃんたちと泳ぐというのが「ドルフィンスイム」。
最近のイルカ遭遇率がなんと99.9%!実はこれがメインなのさ。

今回利用したダイビングショップ
能登島ダイビングリゾート http://www.notodive.jp/index.htm

住所:〒926−0205 石川県七尾市能登島野崎町89−17
TEL: 0767-84-0081

2ボート 15,000円+ドルフィンスキンダイビング8,400円+講習費 3,150円+ドルフィンカード申請料 3,675円

まずはダイビング。2本とも浅め

1本目→ ポイント:野崎城   水温:26℃ 潜水時間:41分 水深:MAX 16.2m AVE 12.3m
2本目→ ポイント:ホワイトキューブ 水温:26℃ 潜水時間:43分 水深:MAX 14.1m AVE 11.8m

やっぱりカラフルな魚はいないし、珊瑚もない。見られる魚は食べられるものばかり。
意外だったのは先日行った伊豆よりも水温が高かったこと
気温より水温の方が高かったから船上では寒かった。
伊豆のときのハードさと比べるとなんてのんびりした2本だったでしょう。こういうのもないとね。
ゆったりしていたから、アオリイカの泳ぎをじっくり見れたのはなかなか良かった。

2本目が終わった後、ドルフィンスイムの講習を受けた。これはPADIの講習
実は我らはPADIではなく、BSAC(イギリスの団体)なんだけど、OKらしい。
ダイビングの講習のオプションなのでダイバーでないとこの講習は受けられない。
これ持ってると、ここだけじゃなく御蔵島などでも講習受けなくて済むんだって。
それを聞いてちゃんと申請した。そのうち認定証が届くでしょう。

ドルフィンスイムはスキンダイビング。シュノーケルなどの3点セット、ウェットスーツ必着。
ここのイルカたちには名前がない。だって野生だから。名前つけると飼ってるみたいでしょ。
彼らはとても人懐こく、一緒に遊びたがっている。人を見分ける能力がある。それを実感したよ。

ボートのそばにイルカが自らやってきて一緒に並走。早いね〜。
ガイドのOKサインが出て我らは足からするりと水の中へ。
まずはプカプカ浮いてイルカが寄ってくるのを待つ。
イルカが近くにやってきたらこっちも潜って目を合わせ、あっちむいてホイ!の要領でどっちに行くか頭を振ってサインを出し合う。
そしてその方向に向かって一緒に泳ぐわけだ。

でもさ〜これって簡単じゃないんだよね。
だんなは上手にできたみたいだけど、私はあっちむいてホイやる余裕がなかった。
でもちゃんと一緒に泳いだよ。すぐ息が切れてほんの短い間だったけど。
もっと透明度がよかったらもっと楽しめたんだろうけど、しょうがないよね。

やっぱりイルカはかわいくて感動!
ダイバーじゃないと出来ないから特権だね
いやあこの素晴らしさ、あまりお知らせしたくないくらいだわ

最後にだんなが取ったイルカちゃんの写真。見える?
だんなは子供に返っていました。あんなに楽しそうな顔をするなんて・・ああ来てよかった。
クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ