アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2008/4/30

気管支喘息になっちゃいました  美と健康&リラックス

先日のブログでも書きましたが、
風邪にしては咳がひどいと病院に行ったところ、
「喘息持ちですね?」と言われ、「え〜?!」

今まで喘息ではなかったんです。

そこで普通の内科じゃなくて、知り合いに教えてもらった
より喘息に強い病院に行って検査してもらいました。

その検査がなかなか面白くて。
レントゲン、ピークフローメーター(簡易肺機能測定装置)の他に
皮内テスト(アレルギー検査)というものをやりました。

クリックすると元のサイズで表示します
代表的な10種類のアレルゲンを調査 
クリックすると元のサイズで表示します
数字はこの表に対応 これ私の結果ね

腕に数字を書き入れ、その下にそれぞれのアレルゲン液体をぽちぽちとたらす。
その液の下の皮膚を傷つけて、反応を見るのだ。
15分くらいほっとくと徐々に赤く、かゆくなってくる。
私の場合はほとんど全てに反応。
特に強い反応だったのは、ハウスダスト・ダニ・スギ花粉。
面白いのはサバ。体調悪いと良くないことがわかった。
それにそば粉も・・ むむむ・・・ これからは1枚で我慢しようっと。
もちろん猫もダメなんです・・とほほ やっぱり。

このテストのように、傷をつけることで反応する。
傷をつけずに皮膚の上に置いたままでは反応しないのだ。
そういうわけで、風邪など気管支が荒れたりすると、喘息の症状が出るというわけ。

結論としてはアレルギーによる喘息
体質的なものだから、今までもなかったわけじゃないのだが、
症状が出てなかったのは若かかったから・・なんだって
若い力が抑え付けてたってことらしい。

歳には勝てないってことですな〜。

それにしても体験して初めてわかったことですが、
「あ、このままだったら死ぬな」と思うほど呼吸困難に陥ること。
小児喘息のお子さん、本当に気の毒だなとしみじみ思いましたよ。

薬としては気管支を広げる貼り薬、錠剤、吸入ステロイド。
この吸入の薬。吸うことで粉を気道に貼り付けて予防するというもので、
よく映画とかで発作が起きたときに吸うあの薬とは違うんだって。
あのように発作をすぐに抑える効果はないという薬だそうな。

これらの薬をきちんと使うことで、現在なんとか落ち着いて、
ぐっすり眠れるようになりました。

眠れる喜びを大いに楽しんでおります。ウシシ
0
タグ: ぜん息



2008/5/2  13:33

投稿者:naho

ロレンスさん ありがとうございます。
猫がダメなのはわかってましたが、
そば粉と魚のサバはちょっとショックでしたわ。
これからの人生、まだま〜だ長いつもりなので、
風邪気味になったら要注意ってこと、肝にめーじました。

2008/5/1  23:51

投稿者:ロレンス

大変なことになりましたね。お大事に!
でも、ネタにしてしまうところがスゴイ!
たしかに抵抗力や回復力が弱くなっていると私も実感しています。

それにしても猫毛、そして小さいとはいえソバ粉にも反応するとは!

http://lawrence.tokyobookmark.jp/

2008/5/1  21:21

投稿者:naho

ありがとう。そうなのだよ。色々出てきてます。
でもぐぎっと50肩は違うと思うけど・・・

それよりハンドメイド作家さんは目の疲れとか肩こりとか大丈夫?

2008/5/1  15:42

投稿者:ミナエマリ

んま、喘息になっていたなんて。お気の毒様です。
年ねえ...。これからも色々出てくるよね。
50肩ってなんだろねえ、と思っていたら、
この間ふとした動きで肩が「ぐぎっ」と痛かった。
これか!?今まで感じたことのない痛み。

とにかく、お薬をしっかり飲んで無理しないようにね!

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ