2005/11/29

高湯温泉「玉子湯」温泉編  ♨福島 高湯温泉玉子湯2005.11

日帰温泉施設「あったか湯」から徒歩5分〜10分、足取り軽く旅館「玉子湯」へ。

旅館 玉子湯 http://www.naf.co.jp/tamagoyu/


部屋の窓から庭を見下ろす

部屋(4階)

住所:福島県福島市町庭坂字高湯7
TEL:024-591-1171(代)
予約専用フリーダイヤル 0120-112639

宿泊客は福島駅からの送迎がある(要予約)が、
日帰りの方は路線バスを利用することになるだろう。
路線バス 福島交通 http://www.fukushima-koutu.co.jp/ride/ride.html
福島駅西口のバス乗り場、3番から高湯行きが出ています。
* この福島交通のHP、本当に分かりずらい
  イライラすると思うので宿に時間を聞くのが一番です。

ところがこれが一日に数本という少なさ。タクシーを使うと4000円くらい。
だから送迎や路線バスの時間を気にしないですむレンタカーがおすすめ。
そしたら福島駅から玉子湯までの間にある信夫温泉にも寄れるしね。

行ったことないけど 信夫温泉 http://www.shinobu-onsen.com/ 日帰りOK
住所:福島県福島市桜本字木通沢(あけびざわ)4番地
TEL: 024-591-1212

さて話戻って、玉子湯
宿に直接予約。1人1泊15900円。すごいぞ満室
4階がロビー階で外湯は1階。何度も言うが館内すでに玉子の黄身のにおいがする

【1階外湯】 建物出入り口から順に(温度も順に低くなる)
 @茅ぶきの湯小屋(130年前の創業当時からそのままの形だって。水も熱も加えていない)
 A婦人専用露天風呂「瀬音」(多分水も熱も加えていない)
 B野天岩風呂「天渓の湯」(温度が低くなっているのでお湯を加えているようでした)
 ・足湯
*外湯は全て洗い場がありませんので大浴場にまず行って体を洗うべし!
 
【館内】
 C大浴場「滝の湯」4階 (シャンプー、ボディシャンプー、ドライヤー有り)
 D内湯「仙気の湯」1階

計5箇所もある。これはすごいです!


@茅ぶきの湯小屋 外観

@茅ぶきの湯小屋 お風呂

A婦人専用露天風呂「瀬音」外観

A婦人専用露天風呂「瀬音」お風呂

A婦人専用露天風呂「瀬音」脱衣所

B野天岩風呂「天渓の湯」外観

B野天岩風呂「天渓の湯」お風呂

・足湯

泉質は硫黄泉。もちろん掛け流し。温度は42℃くらい。色は乳白色

入った順序:
早速@茅葺の湯小屋→B野天岩風呂
夕食後 C大浴場(洗髪&しっかり洗い)→A婦人露天風呂→B野天岩風呂→A婦人露天風呂
翌朝朝食後 B野天岩風呂→A婦人露天風呂

「あったか湯」で軽く体を洗っておいて正解であった。
外湯には洗い場がない。脱衣スペースと露天風呂があるだけ。いたってシンプル。
B野天岩風呂は外から見えそう・・・
脱衣スペースも・・むむむ。こりゃ若い女性がいないわけだ。
意外なことにこの旅館には若い女性がたくさん泊まっていたのだが、だ〜れもいない。
満室なのにどういうこっちゃ?まっその方がいいけど。

なんと本日7回も温泉入っちゃった!これは記録だぞ。
まあよくも飽きずに温泉入れますな〜と自分でもビックリ。
それくらいよい温泉であった。
浴衣に半纏を羽織って出かけ、するりと脱いでかけ湯して温泉にちゃぽん!これがいいのよ。

しかし、入りすぎだろうな。家に帰っても体が玉子臭くなっていたよ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ