2005/8/11

6日目-1 アマルフィ諦め、ポジターノへ  ●イタリア旅行2005.GW

旅行前は青の洞窟を見にカプリ島へ行くつもりだった。
でもイタリアの祝日と重なって、北イタリアの人は南イタリアへ観光に沢山来るのだと
旅行会社の人から聞いていたのと、カプリはローマから近いからまた来れると思って(ほんまかいな)思い切ってさらに海岸沿いを進んだアマルフィ海岸に行こうと私が勝手に決めて他のメンバーを説得したのだった。

説得は成功、というより有無を言わさず世界遺産のアマルフィに行くことにした。
既にソレントのアグリに行く時にガイドさんに聞いてバスのチケットは購入していたから、あとはバスを間違えないように乗ればいいはず。だったのだが・・・

ガイドさんとマンマに確認取ったところ、シーズンに入ったので、アグリ近くのバス停から朝9時のバスに乗ってアマルフィに行けるとのことだった。

朝、バス停に。待てど暮らせど来ない。30分以上待った。ふと今日は日曜だと気づく。
日曜は通ってないのかも・・・
通ってなかったら一度ソレントに行って、そこからアマルフィ行きに乗るしかないのだ。
ではソレントに行こう!
でもそう決めてからなかなかソレント行きのバスが来ない。
得てしてそういうものなのだ。でもここはイタリア。のんびり待つしかない。

ふと気づく。我々が持っているのはアマルフィ行きのチケット。
ここのシステム、よくわかんないんだけど、どうやら距離によって種類があるようだ。
所要時間も関係しているらしい。
このチケット1枚でソレント行ってソレントからアマルフィ行きに乗れるのか??

まあいいや。今何いっても持ってないものは持ってないんだし、
チケット買おうったって買う場所もないんだから。
それに我らは外人なんだしイザとなったら「わっかりましぇーん」で通そう・・
などと私は1人考えていた。
あ、ちなみにこの旅行、女性3人で行ったのだが、そういう段取りうんぬんは私担当なんです。
だからこんなことでウダウダしてるのは私だけなんですの。
(これは文句ではありません念のため)

とにかくソレント行きバスにはなんとか乗れた。
今度はアマルフィ行きだ。時刻表で時刻を見る。割とすぐに来そう。
しかし、やっぱりこの日はついてなかった。
結論から言うと何故かこの日はアマルフィまでのバスは出なかった。
来るバス来るバスにまたお得意(?)の「アマルフィまで行きますか?」と聞きまくる。
アマルフィの手前(う〜んかなり手前)のポジターノまでのバスしか出てない。
ということをどうやら運ちゃんがしゃべってくれてたらしい。
もちろんイタリア語がわかるわけないので、それがわかるまでかなり時間がかかった。
つまり、アマルフィにいきたかったら途中のポジターノで乗り換えねばならなかったのだ。

すでにかなりの時間ロス。もうポジターノでいいや。
ポジターノから青の洞窟ならぬ「エメラルドの洞窟」を見れればそれでいいや。
「エメラルドの洞窟」はアマルフィとポジターノの中間地点にある。
もともとの私の計画はアマルフィを観光、そこから「エメラルドの洞窟」に行く段取りだった。

ポジターノ行きのバスに乗る。
運ちゃん、今までチケット拝見なんてしてなかったのに何故か今回は確認している。
距離が遠いから? 恐る恐るチケットを差し出す。
運ちゃん、時計とにらめっこして、ダメって顔してる。
やっぱりね〜と思いながらこっちも困った顔をする。
まあいいや行けや のゼスチャーを運ちゃんはしてくれた。
ほっとして打刻機にガチャンコ。

終点のポジターノまでは45分。また海岸沿いをひた走る。
やっと到着。しかし、この終点はいわゆるポジターノの1個手前のバス停だった。
名前は確かにポジターノなんだけど、ポジターノがつくバス停は2個あるの。
そこでそこからバス停1個分、海岸沿いをぞろぞろと歩いた。
ポジターノもアマルフィも段々畑のような街になっている。
もちろんエレベータなどというものもないのだから
階段をひたすら下って下って、山1個下りた感じですわ。

バス停近くからポジターノの街を見る。これを下るのだ。

やっと海岸に着いたはいいが、もう昼すぎてんじゃん!

とりあえず「エメラルドの洞窟」行きのツアーに申し込まなければ!
ツアーデスクを探して申し込む。2時出発だそうな。
大急ぎで海岸沿いにあるレストランで食事。
また階段を上ればいくらでもレストランはあるが、そんな気はさらさらないので
海岸沿いの5店くらいの中から、ナポリピザが食べられる店を探した。
釜がある店ね。

じゃじゃーん。やっと食べれた。ナポリピザ
ちなみにピザはイタリアの地域によって生地が違う。
ローマは薄い生地で、ナポリは厚い。
この厚いのが食べたかったの。美味しかったよ。
でも東京のおいしいピザ屋と変わらないなあ。
海外ではよく思うのだが、東京って案外すごい街だ。
本場のものがおいしく食べられる。もちろんお店を知ってればだけどね
我が家のお気に入りの店はリンク先のだんなのHP参照
東京の美味しい店は日本人向けに上手にアレンジしてくれてるからだろうけれど
より美味しく感じられる。きっと塩加減とかそういったことだと思う。
そう、悲しいけど東京の店の方が美味い・・って感じられることが結構あるのだ。
あ、でもベトナムは例外だわ。今までに唯一ベトナム料理だけは本場に限ると思ったのだよ。

あと、リモンチェッロのクリームがたっぷりかかったデザートね!
デリッツァ・リモーネ。これも食べました。写真とるの忘れたけど。甘かった〜。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ