2005/8/16

7日目-1 ソレントからローマへ  ●イタリア旅行2005.GW

予約したES*の時間の関係で、いつもより30分早い7時半の朝食となった。
我らの出発時間に朝食に降りてきた他の宿泊客(スイスの方々と日本人男性)、
そしてアグリのご家族とも握手を交わしてアグリともお別れ。
ホントはマンマとはハグして別れたい気分だった。
そこにはTV番組の「世界ウルルン滞在記 」状態に陥っている自分がいた。
あの番組は最後にみんな泣くからうそっぽい番組で嫌いだったのだが、まさにあの状態だ。
たかが3泊4日だというのに、それもただのお客だったのに、である。
もちろん泣いたわけではないのだが、なんというか、胸が熱くなったのだ
「ウルルン」に出演している方々、ごめんなさい。本当にああなるのね。

さて、ソレントからは来た道を戻る。
ヴェスビオ周遊鉄道でソレントからナポリ、trenitaliaの特急ES*でナポリからローマ
(10:22ナポリP.ガリバルディ発〜ローマ12:33着)。

trenitaliaのナポリ駅は同じ敷地に2つある
ヴェスビオ周遊鉄道のナポリ駅が地下にあり、
エスカレータを上るとtrenitaliaのナポリP.ガリバルディ駅がある。
さらに上ると地上にはtrenitaliaのナポリ中央駅があるのだ。

今回はナポリP.ガリバルディ駅からES*に乗った。
スーツケースを持ってヴェスビオ周遊鉄道の改札を出ると、わりとすぐにナポリP.ガリバルディ駅なのだが改札がよくわからない。それらしき機械がたくさん並んでいる。
適当に入ってみようとするが、駅員のおじちゃんに止められてチケット拝見。
となりのレーンに行けという。となりのレーンのおじちゃんにこっちへ来いと指示されて無事通過。

ES*が来るまで結構時間があった。ホームにあるイスに座って待つ。
トイレを探す。探してもよくわからない。
仕方がないので、列車が来るまで我慢することにした。
ES*は日本でいう新幹線だ。トイレはもちろん食堂車もある
こないだ乗った時と同様、2等だが快適であった。

ローマ駅ではホームを背にして右の出口から出て、タクシー乗り場へ。
タクシーの運ちゃんにホテルの名前「Hotel De Petris」と住所「Via Rasella, 14200187 Roma」と書いた紙を渡す。通りの名前を元に近くまで来たが、プチホテルだから運ちゃんもわからないらしい。
みんなでキョロキョロしてたらホテルを見つけた。

Hotel De Petris http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/11992/11992.html

デ・ペトリスの受付の人が笑顔で迎えてくれた。チェックイン時間までまだ時間があるので、
荷物をお願いして我らはローマの街へ繰り出した。

ホテルの場所は地下鉄バルベリーニ駅の近く。そしてもっとも近い観光地はトレヴィの泉。
まずはトレヴィの泉の手前でジェラードを食べ、デパートのLa Rinascenteへ。
(リナッシェンテの住所はvia del corso 189)
T嬢はここで夏らしい派手なバックを買う。
ホテルに戻ってチェックイン。

次は本格的な観光だ〜。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ