2007/11/26

軽井沢にあるクラシックホテル「万平ホテル」メインダイニング編  ◎長野 軽井沢 憧れの万平ホテルに宿泊2007.11

軽井沢の万平ホテルの紹介をしています。
*その1は建物編 → http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/148.html
*その2はお部屋編 → http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/149.html
*料理編中華ランチ → http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/151.html

軽井沢 万平ホテル http://www.mampei.co.jp/

クラシックホテルに来たならばやっぱり食事はメインダイニングで。

クリックすると元のサイズで表示します

今回いただいたのはコース「ルージュ」

クリックすると元のサイズで表示します
ルージュのメニュー レトロでしょ 大正時代から使われているメニューカードなんだって
クリックすると元のサイズで表示します
パルマ産生ハムとイチジクと柿のサラダ
クリックすると元のサイズで表示します
カリフラワーのクリームスープ
クリックすると元のサイズで表示します
金目鯛としめじの白ワイン蒸し アメーラトマトと蕪添え 
アメーラトマトは軽井沢産 めちゃ甘っ!
クリックすると元のサイズで表示します
国産牛フィレ肉のグリル ポルト酒ソース
クリックすると元のサイズで表示します
りんごを使ったデザート シェフの気まぐれ
クリックすると元のサイズで表示します
パン

どれもとても美味しかった。
正直、これまで行ったことのなる箱根宮ノ下の富士屋ホテルよりも
日光金谷ホテルよりもずっと美味しかった


量は少なめ。文句ある人もいると思うけど我が家にはちょうど良い量。
美味しいものを美味しくいただける量っていうものがあるってもんです。

ワイン選びにソムリエさんの助けを借りました
こちらがこれはどう?って聞いた「ジスクール」。
ソムリエさんの98年は飲み頃でコストパフォーマンスが素晴らしい!というコメントで決定!

クリックすると元のサイズで表示します
ワイン ル・オーメドック・ド・ジスクール1998 確か7000円くらい

あまりに美味しかったのでソムリエさんとお話。
これはジスクールのサードワイン
サードまでくるとファーストのようなビンテージによる違いがあまりないのがいいね。

飲んで確実に3000円以上するワインだと思った
まあ普通に酒屋で購入するとホテルで飲む価格の半額くらいかなと思ったから
3000円台だなとも思ったんだけど実際の市販価格は2000円台前半。
なんてコストパフォーマンスのいいワインなんだ!
2000円台なら家で飲めるラインじゃないか!

ん〜人に教えたくないな・・・

というわけで 繰り返すけどあまりに美味しかったので、
この界隈で買えるお店を紹介してもらった。
テニスコート前にある「小林酒店」でビンテージ違いがあったよ。
とはいってもまだ飲み頃を迎えてないけどね。

家に帰って調べたら、マンガ「神の雫」第2巻に載ってました・・
全巻読んでるくせに覚えてなかったぞ。

お買いになりたい方は↓ 本当は人に教えたくないんだけどな〜

オー メドック ド ジスクール1998 2,150円(税込・送料別)
  クリック!→ 

続いてホテルのバーで一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

バーは宿泊者だけでなく、別荘の常連さん(多分)でいっぱい。
だんなはいつものマティーニ。私はカクテル。1杯ずつで合計2,300円。
とても良心的なお値段なので是非寄ってみてね!

クリックすると元のサイズで表示します
万平ホテル、ライトアップしてました
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ