2006/3/10

名物白銀屋の「一茶まんぢう」と不思議な「動き岩」  ♨長野 湯田中渋温泉と善光寺2006.3

旅館「花心家」の2階にある蕎麦処「無庵」で美味しい食事を堪能した。
→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki05-08/170.html

その帰りに隣の明治24年創業「白銀屋」にて名物 一茶まんぢうを購入。


白銀屋

一茶まんぢう 10個入りで確か420円 黒糖にこしあん 一口サイズ
他に「温泉まんじゅう」の2種類がある。


駅までの帰りに温泉飲み場発見。

その後湯宮神社の裏にある「動き岩」なるところへ。


数トンもある巨岩が手で押すと動くという不思議な「動き岩」

ネットで動き岩について調べたんだけど皆「手で動く」とか「不思議な」とか
そんなことしか書いてなくて詳しいことがわからなかった。
特別な誰かが指で動かすことができた岩だったような気がするのだが・・
動き岩の前にはちゃんといわれなどが書いてあったのだけれど、覚えていない・・すんません。

雪が残り枯葉が一杯の階段遊歩道。
やばいと思ったとおり動き岩の目の前で滑って転んで足首全治2週間。とほほ。
あ〜与那国ダイビングがひかえているというのに・・・ 

今回大湯6箇所のうち2箇所「角間大湯」「穂波大湯」には寄れなかった。
それにちょいと不便な「地獄谷温泉」にも行きたかったなあ。
よくCMなどで見る温泉につかる猿くんたちはこの「地獄谷野猿公苑」にいる。
どこかの宿の露天風呂に入りに来てるのかと思ったら
お猿さん専用の露天風呂があってそこに270頭くらいくるらしい。
この光景が見れるのは世界でここだけなんだって。う〜んやっぱり行くべきだったか。

湯田中温泉郷と大湯巡りはこれでおしまい。
宿に戻ってバスに乗り、温泉とは別のメイン「善光寺」参りへ。
それについては次回。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ