2008/5/6


タクシーで観光。高千穂神社の次は高千穂峡
*1200年以上の歴史を持つ 高千穂神社http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/195.html

高千穂峡 http://www.town-takachiho.jp/kankou/taka-kyou.htm

住所:高千穂町大字三田井御塩井 地図はこちら

高千穂峡とは
その昔阿蘇火山活動の噴出した溶岩流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった渓谷
高さ80m〜100mにものぼる断崖が20kmにわたり続いており、これを総称して五ヶ瀬川峡谷(高千穂峡)と呼ぶ。1934年11月名勝・天然記念物に指定されている。
付近には、七ツヶ池と呼ばれる歐穴や日本の滝100選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋などがある。
高千穂峡では、貸しボートで「名勝真名井の滝」に近づくことができ、スリル満点!

その貸しボート体験してきましたよ。

自分で漕ぐ 高千穂峡貸しボート
TEL:0982-72-2457(呼び出し)
年中無休だが、増水時には運休
受付時間:8:30〜16:30(夏休み期間は7:30〜17:30)
利用料金:1艘(定員3人、乳幼児も含む)30分1,500円
駐車場:1日500円、50台
乗り場は有料駐車場の奥

クリックすると元のサイズで表示します
高千穂峡の碑
クリックすると元のサイズで表示します
これが有名な「真名井の滝」 橋の上から景色
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上の橋から見えたボート乗り場
クリックすると元のサイズで表示します
ボート乗り場 30分1500円 ボートの上で漕ぎ手を交代してはいけない
クリックすると元のサイズで表示します
我ら 若いものには負けないと頑張ってます!
クリックすると元のサイズで表示します
橋の上から撮ってもらった 多分下のボートが我らだと思う・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ボートから見あげた橋
クリックすると元のサイズで表示します
ボートから見た滝
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ロープの部分がボートUターン場所 昔はずっと先まで行けたんだそうだが今は距離短し
クリックすると元のサイズで表示します
ボートを降りて 遊歩道を歩く
クリックすると元のサイズで表示します
鬼八の力石 重量約200トン 
鬼八伝説の鬼八が三毛入野命に投げ、力自慢をしたという石といわれている
*三毛入野命の鬼八退治→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/195.html
クリックすると元のサイズで表示します
仙人の屏風岩 高さ約70m
クリックすると元のサイズで表示します
3つの橋が見えるポイント

途中 他に、「おのころ島」、現在は月形だけが残っているという「月形・日形」、「玉垂れの滝」といった見所があります。

新緑の5月と紅葉の頃(見頃は例年11月下旬〜)が最も美しい場所だね。

ボート、とっても楽しかった!(私は漕いでないけど)

ここまで来たら乗らなきゃねっ

クリックすると元のサイズで表示します
このマップで場所を確認してね! (クリックで拡大)

次は国見ケ丘と天岩戸神社と天安河原。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ