2008/5/28


敷地面積4500坪に佇む平屋建ての旅館「常盤荘」温泉である。

露天風呂付きのお部屋もあるが、今回は本館に泊まったので大浴場へ。

クリックすると元のサイズで表示します
大浴場へは中庭を通る
クリックすると元のサイズで表示します
のれんをくぐる
クリックすると元のサイズで表示します
アメニティは普通
クリックすると元のサイズで表示します
露天風呂 栓を抜いてしまって朝は入れず
クリックすると元のサイズで表示します
中庭に面して貸切風呂あり

温泉は疲れもふっとんでホントいいよね〜

でも。
残念なのは24時間温泉に浸かれるわけじゃないこと。
特に朝、お風呂には入れるけど、露天風呂には入れない。

正直なところ、ここはとても素敵なんだけど、100%満足できる状態じゃない。
いつも満室になるような場所にあるわけでもないから
やっぱりコスト面とか人手とか考えて、料理で勝負しよう!という結論になったのだと思う。

そう思ってこの宿に来れば、そう文句は無いと思うのだが、
多大な期待をするとがっかりな宿かもしれない

裏を返せば、色々頑張れる余地があるわけだから、
少しずつでもいいからお客さんに喜んでもらえるよう努力していって欲しいと思う。
まずは あたたかさを感じさせる接し方 かな
特に何かあったわけではないし、不満におもったわけでもないが、
なんというか、あっさりしすぎてる気がする。

それを心がけるだけでお客さんはかなりのことに目をつぶってくれると思うんだがな〜
・・・といいつつ、これって旅館に限らず普通のサラリーマンでも
やる気がキーワードで一緒か・・・とちょっと反省。

次は朝食について
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ