2006/12/25


栃木の観光。
郷土参考館」→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki05-08/61.html
横山郷土館」→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki05-08/63.html
に続いてちょっと足を伸ばして(でも徒歩ね)「岡田記念館」へ。
栃木駅からだと徒歩で25分くらいかかります。
シャトルバスのバス停があるので時間があえばそれに乗るのも良いでしょう。


そこに行く途中にも素敵な建物が・・

この道は日光例幣使街道
1617年、徳川家康が日光山に改葬され、その後毎年、朝廷から日光東照宮
例幣使と呼ばれる勅使がつかわされた。その道をいう。

岡田記念館 http://www.city.tochigi.tochigi.jp/kankou/yuuhodou/okada.html



住所:栃木県栃木市嘉右衛門町1-12
TEL:0282-22-0001
開館時間: 9;30〜17:00 無休(元旦のみ休館)
入館料: 大人 600円

岡田家は500年の歴史を持つ旧家。代官屋敷である。

岡田家は古くは武士でしたが、士豪として栃木に移住し荒地を開拓。
これにより徳川家から「嘉右衛門新田村」という名称を賜り、
当主は代々「嘉右衛門」を襲名。現在は26代目。
日光例幣使街道開設に伴い名主役を、また畠山氏の知行地になると
屋敷内に13ケ村の陣屋が設けられ代官業も代行。

大きな蔵が3つもあるし、とにかく広い敷地である。
少し離れたところに「翁島」という名の別荘がある。

翁島」は岡田家22代目当主が宮大工を使って建築した工匠の技の結晶。
杉・桧・欅など銘木を集め、釘を一切使っていない。
10mの欅一枚廊下など当時最高の技術を用いて建てられた。




敷地内にはなぜか古い理髪店が・・平成に入るまで古いまんまで営業していたそうな。

翁島の入り口

翁島の建物

翁島の浴室の天井 映画で黒木瞳さんの入浴シーンをここで撮ったそうです

翁島のひろ〜い庭

続いてこの岡田記念館からもうちょっと先に行くとある「油伝味噌」で休憩。
味噌田楽を食す。それについては次回。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ