2005/10/16

1日目 伊香保温泉へは高速バスで  ♨群馬 伊香保温泉1泊2005.10

新宿駅新南口からJR関東バスの高速バス「上州名湯めぐり号」で伊香保温泉約2時間半
格安の往復4100円!
まったくもって快適な旅。鉄道で行ったってどうせ渋川駅からはバス(30分)なんだもの。
それに交通費は高速バスの倍かかる。すばらしいぞ、バスの旅! じつに気に入った。

着いてまず感じたこと。
人がいない。さびれている・・・さみし〜。天気が曇りだからますます寂しい。

気を取り直してとりあえず昼食。
るるぶに載っていた手打ちそば屋「いけや」で三色(田舎・更科・柚子)を注文。
しかしこれが申し訳ないがたいしたことなかった。特に田舎がダメであった
店の構えと雰囲気はよかったんだけどなあ。
バスの中から見ただけだが、竹下夢二記念館のとなりにあったそば屋「○○茶屋」(名前忘れた)の方がよかったかもしれない・・・
いけやの店と蕎麦の写真は取ったが、紹介する気がおきないので載せるのをやめておこう。

さて食べたら目指すは旅館「丸本館」。石段の真ん中くらいにある。うんうん立地は最高だね

今回は温泉がメインなので、伊香保温泉旅館協同組合青年部が企画している「湯めぐり」で温泉を堪能することにしていた。

伊香保づくし http://www.hotels-ikaho.or.jp/
HP下の方にある「湯めぐり」チケットをみてね。

これはこの組合に入っている宿に泊まると他の旅館のお風呂にも入ることができるという企画。しかも無料!めっちゃいいでしょ!
高級旅館に泊まらなくたって他宿のいろんなお風呂に入れるのさ
15時〜18時の間っていう制限と宿泊先から予約を入れてもらわなくちゃならないんだけど、こういう企画ってなかなかないでしょ。

とは言っても、宿の情報が少なくってどこのお風呂がいいのやらよくわからなかった。
とりあえず町営露天風呂と旅館「横手館」のお風呂を宿泊先の「丸本館」さんにお願いして予約してもらった。

ここであいにくの雨。宿から20分ほどぷらぷら歩いて町営露天風呂へ。

露天風呂入り口

ここって本当に露天風呂しかない。驚き!洗い場もない。ただ脱いで入るだけ。ぬるめと暑めの2種類で源泉かけ流し。
余計なものが何もないっていうのもまたいいね!ただ雨で満喫できず。


露天風呂のところに源泉湧出口観覧所

道の途中には飲泉所 まっず〜い!

続いて河鹿橋。夜はライトアップしているそうな。

次に横手館。建物が素敵で一見の価値あり。温泉は源泉かけ流し


横手館入り口

横手館お風呂

露天風呂はなかったが、よその客だというのに一番風呂で貸切状態だったからゆっくり入れてよかった。
伊香保の温泉の素晴らしさをしみじみ感じたよ。

宿に戻って次の作戦を練ったのだが、雨のせいでまた出かける気にならず、そのまま軽く昼寝して夕食に突入。


夕食

大雨降っているけれど、せっかくなので夕食後は「千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)」のバー「楽水楽山」に出かけた。
しかし、人っ子一人外を歩いていない。またまた寂しい気分に。
バーの窓をそっとのぞいたら、お客が1人もいない・・・入る気にならず、そのままお散歩。
この間、誰にも会わなかった。この温泉には客がいるのか?

また宿「丸本館」に戻ってこの宿のお風呂に入る。
別に普通のお風呂なんだけど、源泉かけ流しで広さも適当。清潔だし、空いていれば貸切にできるし言うことなし。


丸本館のお風呂

またいい気分になってきた。温泉ってこんなによかったっけ?年のせい?

翌日わかったことだが、なぜかけ流しにこだわる人がいるのかよくわかった
伊香保の温泉は鉄分が多くて色が茶色。
湧いて出たすぐの温泉は透明なんだけど、空気に触れると酸化する。
だから同じお湯をずっとはっていると茶色の色がだんだん汚くなるんだな。
かけ流しだと空気に触れる時間が少ないので確かに茶色だけどきれいなお湯だってことがわかる。

いい気分のまま夜10時に寝床に入る。
0



2007/4/8  22:49

投稿者:Wasabiさん

*2005.10.19のコメントです。
トラックバックありがとうございます♪
なんか文字通り「温泉街」って感じのする素敵な場所ですね。 お風呂だけでなく気持ちをリラックスさせてくれる空間のような気がします(^^)

http://diary.jp.aol.com/xmxjstq/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ