2007/7/1


今年からF1日本グランプリが開催される富士スピードウェイでのイベントに参加してきました。

このイベントはF1とは関係なく、
BMW車をベースとした独自モデルの生産販売を行っている
BMW AG公認の自動車メーカー「BMW ALPINA」の
日本の正規輸入代理店「ニコル」主催のもの。

何ができるのかよくわからないで申し込んだ。
行ってわかったのは富士スピードウェイを自分の車で走らせてくれるんだけど
ものすごく待つということ。
F1開催サーキットで走れるという機会はそうはないだろうから、
それだけでよしとしよう。

クリックすると元のサイズで表示します
メインスタンド 端っこの方はまだ作成中

クリックすると元のサイズで表示します
レーシングタクシーのドライバー ミハエル・クルム氏

レーシングタクシーとは
プロドライバーが運転する車に同乗してサーキットを駆け抜ける。
プロの技と実際のスピードが体感できる。

残念ながらレーシングタクシーは抽選で外れた。
以前BMWのイベントで体験したことがある。めっちゃ楽しかった。

お昼の間のイベントとして「目隠しをして車を運転」というのをやっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
運転者は完全に目隠し。同乗者はお笑いの森三中。
すごいね〜 サーキットを1周してきたんだよ。

クリックすると元のサイズで表示します
その後ブガッティ4台による走行

やっと参加できる「ファミリーラン」。
ただ前の車にくっついていくだけだけど、サーキット上には30分間いられました。
しかしたったの3週・・すごい数の車がいっぺんに走るわけだからしょうがないね。

クリックすると元のサイズで表示します
ファミリーランに参加する車はBパドックに集合
クリックすると元のサイズで表示します
パドックからピット前に移動
クリックすると元のサイズで表示します
コースイン
クリックすると元のサイズで表示します
F1開催に向けて席作成中
クリックすると元のサイズで表示します
メインスタンドへ戻ってきました

この日はあいにくのお天気で、富士山も見えず。

次は山中湖の宿「オーベルジュ フォンテーヌブロー」について
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ