2011/6/29

軽井沢 星野温泉の宿「星のや」 施設編  ♨軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊

ハーブ研修で軽井沢へ。宿は「星のや軽井沢〜谷の集落

あいにくの雨で、写真がどんよりしちゃってます。残念だなあ。

星のや軽井沢 http://www.hoshinoya.com/
  一休.com→ http://www.ikyu.com/dg/guide/acc8/00001008/00001008a.aspx

住所:長野県軽井沢町星野  
Tel:0267-45-6000
チェックイン: 15:00〜24:00
チェックアウト: 12:00

この宿は朝食付きで2泊からの連泊が基本ですが、
1か月前から1泊でも予約を受け付けてくれます。
実際、連泊したくなるような宿です。

長野駅南口から無料送迎バスが出ています。2時間に1本くらいの割合。
バスを降りると目の前がレセプション。
ここは受付だけするところ。


レセプション入り口
 ちょっと歩いて

 
車で来た場合はここで降りて預けます


ここでウエルカムドリンクを飲んだら、
お客様ごとに車に乗って、お泊りの部屋へ案内してくれます。
レセプションと宿泊場所は離れていますので、途中一般道を通ります。

到着。車は宿泊する棟の前で止まります。
部屋については次回紹介しますので、まずはお庭の様子やそのほかの施設を紹介。

星のやでは、季節によっていろんなイベントが用意されています。


左の棟が 水波の部屋




ここも 水波の部屋 大きなガラスなのでテラスや中がよく見えちゃいます


池には鴨の親子が。めっちゃかわいい


集いの館入り口。出入り口になる2階にライブラリーラウンジ、和食「嘉助」、キッズルーム、
1階にチェックアウトするレセプション、お土産コーナーがあります。


集いの館に入るとまずお茶コーナー。セルフサービスです。
お土産コーナーでも売っていたハーブティやお菓子があります


コーヒー紅茶のほかに梅ジュースもあります


ライブラリーラウンジ めちゃめちゃ落ち着きます
足を伸ばして座れるソファがいいです〜


見下ろすと 和食「嘉助」 食事は部屋食ではありません


キッズルーム


階段下りたら ロビー


お帰りの際はこちらでチェックアウト


その奥にお土産コーナー
ここでお土産に洗顔料「うぐいすのはな」(下参照)を購入
宿泊のお部屋に置いてあったのを使ってみたら、
ピーリングのようにお肌すべすべになって、気に入りました


ちょっと離れたところに 茶屋

ここで、この宿の注意点を。
この宿は普通の温泉旅館とホテルの中間をいく宿です。
不便が多くて嫌いというお客さんもたくさんいると思いますので、
この宿のコンセプトを理解してから行ってみてください。
コンセプトについては、一休.comの対談を見てね。
 →http://www.ikyu.com/magazine/hyaku/7/h1.htm

・やたら階段が多いので、足の悪い方やお年寄りには向きません。
 2階の部屋がありますが、実際には3階、4階分の階段を上ります。
・部屋や敷地内全体的、暗い照明になっています。
・テレビがありません。
・団体できゃーきゃーというよりは、ゆったりのんびり、
 時間を忘れたい方が多いと思います。
 きゃーきゃーしていると他のお客さんから白い目で見られますよ。


次は泊まったお部屋。

購入した洗顔料↓ パッケージは違うけど中はコレだと思う
本当に本物のうぐいすのフンを使ってるなんて知らなかったわい。

0
タグ: 軽井沢 温泉



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ