2011/7/28

熊野三山めぐり B熊野本宮大社  ♨熊野三山めぐり

さてこれからが熊野三山めぐり。
レンタカーではなく、バスで巡ろうと思っていたが、あまりにも本数が少なくて困った。
そこで、定期観光バスに乗ることにしました。

熊野交通バス 普通のバス時刻表 http://www.kumakou.co.jp/bus/bs001.html

熊野交通バス 定期観光バス http://www.kumakou.co.jp/teikikankou/index.html

熊野三山めぐりコース」と「熊野古道大門坂と那智山めぐりコース」があり、
どちらも毎日運行しています。

われらは「熊野三山めぐりコース」を湯の峰温泉から乗車。
インターネット割引を使って一人6440円。

勝浦と桟橋バスターミナルから乗る場合は予約不要だけど、
志古・川湯・渡瀬・湯の峰温泉から乗る場合はTELにて要予約です。

8:30勝浦駅→8:32桟橋バスターミナル→9:30志古→9:46川湯温泉→9:48渡瀬温泉→9:54湯の峰温泉→熊野大宮大社(約1時間)→志戸ドライブインで昼食(食事代込み40分)→12:35新宮駅→速玉大社(20分)→大門坂(15分)→那智の滝(30分)→青岸渡寺と那智大社(約1時間)→15:49紀伊勝浦駅

まずは熊野大宮大社から。

熊野本宮大社 http://www.hongutaisha.jp/

住所:和歌山県田辺市本宮町本宮
社務所TEL:0735-42-0009

熊野本宮大社とは:by公式HP&ウィキペディア
熊野本宮大社は過去『熊野坐神社』と号し、熊野の神と言えば本宮のことを表していたものと推測できます。
御祭神は三山共に共通する「熊野十二所権現」と呼ばれる十二柱の神で、
主祭神(中心にお祀りする神様)は他二杜と異なる、「家津美御子大神」(素蓋鳴大神)です。第三殿誠誠殿を本杜と称してお祀りしております。
また、家津美御子大神が造船術を伝えられたことから船玉大明神とも称せられ、古くから船頭・水主たちの篤い崇敬を受けていました。
特に有名なのは、平安時代に宇多法皇に始まる歴代法皇・上皇・女院の「熊野御幸」が百余度に及んだことで、公武問わず老若男女大勢の人々が競って参詣し「蟻の熊野詣」と呼ばれる現象まで起こすに至りました。

現在の社地は山の上にあるが、1889年(明治22年)の大洪水で流されるまで、社地は熊野川の中州にあった。明治以後、山林の伐採が急激に行われたことにより山林の保水力が失われ、大規模な洪水が引き起こされ、旧社地の社殿は破損した。現在、旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、日本一高い大鳥居(高さ33.9m、横42m、鉄筋コンクリート造、平成12年完成)が建っている。なお、その時の大洪水で被災した上流の十津川村集落の住民の一部が移住した先で開墾したのが北海道の新十津川村である。「熊野権現垂迹縁起」によると、熊野坐大神は唐の天台山から飛来したとされている。
熊野坐大神(家都美御子大神)は、須佐之男命とされるが、その素性は不明である。太陽の使いとされる八咫烏を神使とすることから太陽神であるという説や、中州に鎮座していたことから水神とする説、または木の神とする説などがある。

主祭神:家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)
参拝順路: @ 第三殿 家津御子大神
      A 第二殿 速玉大神
      B 第一殿 夫須美大神
      C 第四殿 天照大神
      D 満山社 (結ひの神 八百萬の神)
        満山社は、若宮の右側 境内東側にある



 




神門
この門をくぐると社殿。3つに分かれていて 左から
結宮(第一殿・第二殿)、本宮(第三殿)、若宮(第四殿)となっている。
社殿の屋根を42年ぶりに葺き替える工事が始まっていましたが、
厳かな感じは伊勢神宮の内宮のよう 写真不可でした


向かい側にある「世界遺産熊野本宮館」 真新しい
開館時間:9:00〜17:00 (年中無休)

 大鳥居
でっかい鳥居、写真じゃわかりずらくてすみません。

かつての熊野本宮大社があった旧社、大斎原(おおゆのはら)。
現在は日本一の大鳥居が建ち、4月15日の、
県無形民俗文化財「渡御祭」には、大和舞・早乙女舞・御田植舞・八撥などの神事を行い、熊野修験者による大護摩や投餅等の行事が行われます

 
世界遺産熊野本宮館の裏には熊野川

八咫烏(やたがらす)が目を引きます。
八咫烏は熊野権現の使いで、三本足の烏のこと。
日本サッカー協会のシンボルマーク


次はランチ。このバス会社が経営している志古のドライブインにて。


お土産豊富


選択肢なし

何の苦労もなく、連れてってくれると記憶に残らなそうですが、
台風の影響で雨が降ってきたので定期観光バスにして正解でした!

次は熊野速玉大社。
0
タグ: 和歌山 熊野 温泉



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ