2011/8/4

熊野三山めぐり E紀伊勝浦温泉 ホテル浦島  ♨熊野三山めぐり

熊野三山めぐりを終えた日の宿は紀伊勝浦温泉の「ホテル浦島」。
なんと!船に乗っていくのだ。
って本当は島にあるわけではなく、半島にあるのだが。
その半島ほぼ全部がこのホテルという、実にでっかいホテルである。

今回は公式HPから本館お部屋おまかせプランを予約。
朝食・夕食ともバイキングがついて一人9935円。
でも、フロントでランクアップしてくれて、お部屋は山上館にしてくれました!ラッキーキラキラ

ホテル浦島 http://www.hotelurashima.co.jp/

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2
TEL: 0735-52-1011
チェックイン 14:00 (最終チェックイン:22:00)
チェックアウト 10:00


駅から桟橋までは徒歩10分くらいかなあ

 桟橋


この船に乗っていきます 5分くらい


ホテル到着


フロント


売店 たくさんあります


山上館は一番遠くて、ながーいエスカレーター3機上ります 
フロントから15分もかかるのだ!
エレベーターもありますが、このエスカレーターも名物のひとつなので
まずはここから案内されます
お風呂に行くときなどはエレベーターを使えば楽ですよ〜

●山上館の部屋






お部屋からの眺め 台風の影響でどんより


お茶菓子

●温泉 

 公式HPより
ホテルには6箇所のお風呂があります。このようにみんな離れているので要注意。

全部はなかなか難しいでしょうから、
洞窟風呂の2箇所「玄武洞」と「忘帰洞」には入っていきましょう!


泊まっている山上館のお風呂は2箇所。
その天海の湯(露天風呂あり)・遙峰の湯には翌朝入りましたが写真なしです。


ハマユウの湯(女湯)


ハマユウの湯 洞窟風呂は体を洗えませんので、ここでゆっくり体を洗いました


日昇館にある洞窟温泉玄武洞
洗い場が少ないので、浸かるだけをオススメします

 公式HPより
素敵です!残念ながら人が入っていましたので私の写真なし。
ここは是非入ってね。
山上館からは一番遠いお風呂です


磯の湯 玄武洞のすぐ近く 


ここがメインの忘帰洞 天然の洞窟なのだ
ここも洗い場が少ないし、自然保護のためシャンプーなど置いてないですから浸かるだけ

 公式HPより
ここが一番素敵です!残念ながら人が入っていましたので私の写真なし。
ここは是非入ってね。
翌朝もう一度入ったときは、台風の影響でものすごい波。
お風呂にまで波が入りそうで怖かったです〜


忘帰洞の近くにはコインランドリーがありますので、長期滞在にもいいですね!
洗濯200円、乾燥300円 夜には全機使用中になってましたよ

●食事 朝も夜もバイキング



 夕食
味はいまいち


夜はマグロの解体ショーをやってました

 朝食



また船に乗って帰ります

紀伊勝浦周辺のホテルは、このような大きなホテルが多くて、
しかも食事はバイキング形式が多いようでした。

紀伊勝浦は冷凍ではなくて、生のマグロがあがる港で有名。
だから美味しいマグロが食べられるかと思いきや・・・
実は本当に美味しいものはやっぱり築地に行ってしまうのだなあ。

今回の旅はあんまり食事に恵まれなかったなあ・・というのが残念なところ。
私個人としては、洞窟風呂がめちゃめちゃいいですから、満足です。
あと、船に乗っていくというのがちょっと面白かったな。


その後は朝8:50発の特急に乗りました。
帰り途中、名古屋駅で下車し、友人の勤め先で美容鍼とマッサージを受けてきました。

今回の旅は階段ばかりで足がめちゃくちゃ疲れましたからね〜。
おかげで帰りの足取りは軽くなりました。Kさん、ありがとう!

 不老閣

不老閣 http://fk.banshoji.or.jp/

大須にある万松寺の中にある鍼治療院。
8月いっぱいまで小顔・リフトアップの美容鍼500円でお試しできます!
+1000円で、ひざから下の足と頭のマッサージもやってくれますから
是非1500円でお試ししてみてくださいませ。

これにて熊野三山めぐり終了。楽しかった〜 Tちゃん、ありがとう!


0
タグ: 和歌山 熊野 温泉



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ