2011/8/14

箱根宮ノ下の富士屋ホテル A花御殿編  ♨箱根宮ノ下の富士屋ホテルに宿泊

箱根宮ノ下の富士屋ホテル。@建物編に続いて、宿泊した花御殿を紹介。


花御殿は昭和11年、3代目の山口正造の設計により竣工。
「フラワーパレス」として世界的に知られるようになる。

本館の隣に西洋館その隣に花御殿と建っていますが、
中は通路でつながっています。


本館のフロントから花御殿に入る手前に、花御殿の初代鍵がかざってあります
現在の鍵は確か3代目とか。

 
今回泊まったのは、252号室の桜 ジュニアスイートルーム
花御殿43部屋はすべて花の名前が部屋の名前となっています


掛かっている絵は桜


ジュータンも桜




窓から見える本館(左)とレストラン棟(右)


窓から見える本館


部屋の鍵とマップ


外国人用のリゾートらしくウォークインクローゼットがあります


バスルーム お部屋のお風呂も温泉!


アメニティはロクシタン


バスローブにも部屋の桜が

花御殿には
スタンダードツインルーム(21〜32u)
デラックスツインルーム(34〜40u)
ジュニアスイートルーム(61〜66u)
スイートルーム(65〜71u)    があります。

今回泊まったジュニアスイートルームの天井は高く、開放的で素敵です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ