2009/10/9

熱海の有形文化財「起雲閣」  ♨熱海の旅館「あたみ石亭」に泊まる 2009.09

熱海観光の最後に、熱海市指定有形文化財の「起雲閣」へ。

起雲閣 http://www.city.atami.shizuoka.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1125812954933&SiteID=0

住所:静岡県熱海市昭和町4−2 地図はこちら
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:水曜日(祝・祭日の場合は開館)、12/26〜30
入館料:大人500円  高・中学生300円
JR熱海駅よりタクシーで約7分
JR熱海駅より徒歩20分
湯〜遊バス「起雲閣」バス停下車 徒歩0分
熱海駅より3番乗場 相の原団地行き「下天神町」バス停下車 徒歩0分
専用無料駐車場 37台分あり

起雲閣とは:パンフレットより
1919(大正8)年に別荘として築かれ、非公開の岩崎別荘、今はなき住友別荘とならび、
「熱海の三大別荘」と賞賛された名邸が基となる起雲閣。
1947(昭和22年)には、旅館として生まれ変わり、太宰治・山本有三などの多くの文豪たちにも愛されていた。市街地とは思えない緑豊かな庭園。日本家屋の美しさをとどめる本館と離れ、日本、中国、欧州などの装飾、様式を融合させた独特の雰囲気を持つ洋館。
2000(平成12)年より、熱海市の所有となり、当市の文化と観光の拠点となっている。

 裏にある駐車場から入ると

 玄関

 建物入口へ

 庭

 最初の建物
1919年(大正8年)に建てられた「海運王」内田信也別邸 1階は麒麟、2階は大鳳 
 次の建物
1932年(昭和7年)に建てられた洋館 玉姫の間 サンルーム
東武鉄道の創始者「鉄道王」根津嘉一郎別邸 
 玉姫の間


同じく根津嘉一郎別邸 玉渓の間 
 企画展示室

 金剛の間

 金剛の間

 金剛の間

 金剛の間のステンドガラス

 金剛の間のステンドガラス

 ローマ風浴室

 旅館だったときの大浴場

 庭から

とても素敵な建物です。それになんといっても三千坪の敷地!
わりと最近(・・とはいっても10年くらい前)まで旅館だったなんて。
知ってたら、泊まりに来てたのに 実に残念。
0
タグ: 熱海 文化財



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ