2010/1/6

伊豆長岡温泉の旅館「三養荘」 お部屋編  ♨伊豆長岡温泉の旅館「三養荘」に泊まる 2009.12

伊豆長岡温泉の旅館「三養荘」。
建物編に続いてお部屋編。

三養荘 http://www.princehotels.co.jp/sanyo-so/
  一休.com→ http://www.ikyu.com/ap/srch/UspW11101.aspx?aid=00000676

我らが泊まったのは、新館のベッドルーム「らん」。
「らん」のお部屋は上のHPでも紹介されているし、パンフレットにも載っている。

平成5年に完成した洋室タイプのお部屋。
フローリング仕上げのお部屋は、リビングルーム・ベッドルーム・広縁と
すべてに床暖房を完備
広縁はタイルなんだけど、床暖房のおかげで暖かい。

「らん」のお部屋入口
扉が開いた状態です。
 入って左手の中庭

 リビング

 窓は大きい
ほとんど広縁で庭を眺めて過ごしました
この庭はあの広大な日本庭園ではないけれど、プライバシーの関係とか考えると
こちらの方がこじんまりしてて、落ち着きます。
日本庭園に面してる本館なんぞはカーテンなしなので
ほとんどのお部屋が外から丸見え状態ですのでね。
 ベッドルーム
リビングの隣にある ふすまで仕切られている
 洗面所
この部屋は温泉ではないので、内湯は普通。入りませんでした
新館の和室は源泉掛け流し温泉の内湯なんだけどな〜

お茶を飲みながら この部屋はどこじゃ?と見取図を眺めました

 部屋の見取図

本館の方が歴史を感じさせるから1泊の金額も高いと思っていたら
新館の方が高いんですわ。
個人的にはどうせなら本館といつも思うけど(今回は満室だった)、
冬は寒いから床暖房ありの新館の方がいいかも。
それに本館のほとんどの部屋に内湯がないようです

次は 大浴場編。
1
タグ: 伊豆 温泉 旅館



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ