TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:招き猫
豚インフルで神戸大阪の人間はほとんど潜在的犯罪者扱いになっとりますね。

あの騒ぎを見ると、人権むにゃむにゃはよー分からんです。

精神疾患ですが、加古川の隣近所の親類など7人を殺した犯人が死刑判決でした。加古川でも自宅にかなり近いところで、同じ町内に住んでいる知り合いもいます。事件が起きたときに聞いたのですが、犯人は以前から”おかしい”と評判だったようです。

事件の中身を見たら、おかしいに決まっています。でも、おかしくないから死刑になったんですよね。

要所に監視カメラを付けるとかハイテク日本ができることはけっこうありますよ。
おかしくない人間の犯罪には抑止力あると思いますけど。


それから、病気なら刑務所ではなく、病院にしっかり入れとかないといけないとは思います。

>キチガイを装い

それって、弱者利権の開祖みたいなもんでしょ。
そういう偽装で無罪になる”歩留まり”はある程度コミコミで、逆に冤罪みたいなものを防ぐようにしないとならないと思います。


システムの問題だから、刑務所じゃあなかったら病院という制度をしっかり作ったらいんじゃあないですかね。
投稿者:tamo2
小生の好きな言葉?に「一人の殺人者はただの人殺しだが、百万の殺人者は英雄だ」というものがあります。

「マスとして捉えること=個体的特徴を抹殺すること」でしか、マスの可能性を捉えることが出来ません。科学的であることは、仕方のないことだと思います。

何年か前、実家のご近所の子供がキチガイによって歩道橋から落下させられ、瀕死の重症を負いました。しかし、犯人に精神疾患があるとか言う理由で、今犯人は、どうも野放しらしいです。キチガイが再犯を犯す可能性は高いかも知れないが、必然ではないし、そもそも心神なんとやらでは罪に問えないとか、で。(刑法39条なんざあ大幅に見直すべきです)小生は、子供に係わることならば、文句なく自由よりも安心を優先させます。おぞましい経験がありますからね。

あ、そうそう。ドスちゃんの小説『悪霊』の、悪魔的超人(と言えば猫同志は怒りますかね?)スタブローギンはキチガイを装い、裁判で無罪を勝ち取りました。現代を暗示していると思いませんか?
投稿者:招き猫
蓋然性とは理論的構築物
リアルでは全か無かしかない。

潜在的加害者などはいない。
あるのは再犯する人か、しない人だけだ。

”潜在的”
こういう思考は既に科学にずっぽりとらわれている。骨の髄まで。
だだし、それが悪いとは思わない。

悪いのは”科学的”に懐疑する一方で
ずっぽり科学的であるということだ。

正義とは暴力です。
だが、より少ない暴力として正義を考えろとデリダは言ってます。

科学は暴力です。
しかし、より少ない暴力も科学的思考を煮詰めないと出てこないということです。

蓋然性とは無視できないものです。
それが再犯しない人間への暴力であっても、それを正当化する論理があるかどうかです。

論理の在/不在は議論によって証明されるものでしょう。

心底改心した人を生涯苦しめる暴力を正当化しうる論理はいかにあるのか。



なお、潜在的加害者と潜在的被害者を並置して考えることはなかなか難しい。
なぜなら、前者には等しく暴力を行使するという100%の現実があるけれど、後者には蓋然性を低めるという理論しか実質的にはないからだ。


推敲せず、ですます・だである調混在
酔っ払いですから。
投稿者:tamo2
いや、悪書は「必要」と考えています。

さて、悪書解説本の執筆だ〜。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 当戦線が「左翼は青環法制定や児ポ改悪に反対すべきだ」と言うのは「左翼はオウム真理教への破壊活動防止法適用に反対すべき」とほぼ同値だと思うからです。
 悪書・トンデモ思想ということなら「世界で確実に万人単位の死者を出す」ことが確実なマルクス主義(特にレーニン主義・毛沢東主義)の書物もその脳内への蓄積(トンデモ悪思想の妄想)も根絶してよいこととなります。
投稿者:tamo2
二つほど、参照サイトを。
http://homepage3.nifty.com/hirorin/loli00.htm
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html
特に後者の「幼女強姦被害者数」グラフに。
投稿者:tamo2
うむ。問題を三次元に限ったのは、むしろ二次元妄想による自家発電(マスターベーション)環境の充実により、ペド的な犯罪が抑制されているという実証主義的な結果があるからです。(ソースは今、出てこない。すんません。)男って、射精したら治まりますからねぇ。

児ポ法に小生が反対しているのは、「悪所」あるいは「悪書」の効用をプラグマティックに認めるからです。二次元と三次元は区別されなくてはなりません。

しかし、「園児ぇる」なんか見たら、メチャクチャおぞましいですな。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
>それは生物学的に規定された「病気」かも知れません

 さて、医学的なことは知らないが「生物学的病気」なら宮刑かロボトニーでもしない限り「生物学的治療」はできないのではないでしょうか?
 子どもへの性犯罪についての量刑を重刑化するくらい(今の懲役内容の延長で)の凡作以外には私には賛成できません。
 上記した「生物学的治療」はもちろん、「思想犯」として裁こうとするアイデアには反対します。(精々「道徳教育」を塀の中でやる程度)
 何にしても、「実際の被害者の苦痛を考えたらそれくらい我慢しろ」と攻撃を受け、「犯罪者予備軍」として扱われるのは主として二次元愛好者の方であり三次元の性犯罪歴のある人々ではなかったという僻み根性はどこかにぶつけなければならないと煩悶しておりました。(確かに現実に被害を受けた苦しみからしたら、何でもないだろうけど。 スターリンの「社民主要打撃論」を連想します。)
 また、かつての「青少年有害社会環境法案」みたいな「二次元愛好家」を思想犯として取り締まろうとしたことが思い出されます。(妄想する権利という幸福追求権を奪うな)
投稿者:tamo2
「再犯する奴の人権」は、事後確定的に捉えられるので、ここでは「潜在的加害者」ですね。
投稿者:tamo2
を、ギャル戦同志鋭い。

小生のキッチリ?した意見を書くと
「性犯罪者、少なくとも児童レイパーはその「治療」が完了するまで牢獄に入れておけ」というものです。だから、GPSなんざあ、次善策に過ぎないと考えております。

だから、GPS装着なんざあ本音では「生温い」と思っています。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ