TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2
保護者殿、いつもメールありがとう。

しかあし!

テンソルは何時まで経ってもイメージしにくいのです。
投稿者:保護者
時代ごとに新しい教科書が出てきて当然である.が,1980年代に大学教育を受けてものであれば,内山龍雄の相対性理論の本(解説的なものから,テンソル算を駆使した高尚なものまでいくつかある.勿論,特殊相対論(等速直線運動)までのものと一般相対性理論(加速度運動を含む)までのものとレベルにも色々ある)を読みこなせるようになってほしい.そのためには,微分幾何の用語であるテンソルをよく理解してほしい.そして理論の行き着く先は,「ゲージ(gauge)場の理論」である.質量の源であるヒッグス(Higgs)粒子は存在するのか?,また,小林=益川理論(6個のクオーク説に成り立つ,3次ユニタリー行列 U(3) 理論)を超える世界があるのかどうか?の問いに答えるべく勉強してほしい.

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ